落第を覚悟したルームメイトが進級できたワケ

勉強

 

アメリカの都市伝説からひとつ。

 

ある大学生の青年が、進級に関わる試験の前日に彼女に振られてしまった。

 

落ち込みながらも翌日の試験の為に勉強を始めるが、寮のルームメイトから飲みに行こうと誘われる。

 

このルームメイトは最初から落第する気だったので、「どうせ落第に決まっている」などと言いながら、何度断られても執拗に青年を誘った。

 

さすがに青年は激昂し、ルームメイトと口論になる。

 

挙句、ルームメイトは「お前なんか首でも吊ってろ」という捨て台詞を残し、飲みに行ってしまった。

 

青年は一人残された部屋で勉強を始めるが、全く手につかない。

 

そのうち自暴自棄になり、友人の机から酒を持ち出して飲み始めた。

 

数時間後、帰ってきたルームメイトが見たものは、首を吊った青年の姿だった。

 

数日後、ルームメイトは学長室に呼び出される。

 

当然、試験の成績は酷いものだったので、落第させられるとばかり思っていたが、予想に反して学長はルームメイトに労(ねぎら)いの言葉をかけてきた。

 

なぜならこの大学では、『同室の生徒が自殺した場合、その精神的な影響を考慮して無条件に進級させる』という方針があったのだ。

 

こうしてルームメイトは無事に進級できる事となった。

 

この話は都市伝説の類だが、『精神的な影響を考慮する』というのは実際にあるらしい。

 

そのせいか大学では、試験前に祖父母が死んだという連絡が一気に増加するとか。

 

また、これを信じて実際にルームメイトを殺そうとしたという事件も起こっている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ