私のこと愛してる?

 

新婚初夜。

 

ベッドで妻が夫に聞いた。

 

「ねぇあなた、

私のこと愛してる?」

 

夫は微笑みながら答えた。

 

「もちろん愛してるさ」

 

やがて二人のあいだには、

娘が一人生まれた。

 

その娘の7歳の誕生日。

 

娘が父親に聞いた。

 

「ねえパパ、

あたしのことアイシテル?」

 

父親は微笑みながら答えた。

 

「もちろんアイシテルよ」

 

「ママのこともアイシテルんでしょ?」

 

娘はさらに聞いた。

 

「ああ、

もちろんママのことも愛してる」

 

「あたしとママなら、

どっちをいっぱいアイシテルの?」

 

「難しいね」

 

父親は少し考えてから、

やはり微笑んで答えた。

 

「たぶん、ママの場合とは

意味が違っているんだよ」

 

「よくわかんない」

 

「まだわからなくていいのさ。

さあ、ママにケーキお供えしてこよう」

 

10年後。

 

取り調べ室で、

まだ若い刑事が男にこう聞いた。

 

「・・・で、結局なぜ

あんなことをしたんだ?」

 

男はしばらく俯いたまま

押し黙った後、

 

ゆっくりと微笑みながら答えた。

 

「・・・意味が違っていたんです。

前と同じように。それだけです」

 

1年後。

 

男の娘とごく短い間だけ

交際していた少年が、

 

新しい恋人の少女から

ふいにこう聞かれた。

 

「ねえ、あたしのこと愛してる?」

 

少年は青ざめた顔のまま、

何ひとつ言葉を返さなかった。

 

(終)

解説

決まった回答はないが、

 

「意味が違っていたんです」

 

という父の言葉には、

4通りの解釈があるとされている。

 

1、

「愛してる=DV」説

 

娘のことは「アイシテル」なので、

 

その時点では暴力は無かった

考えられる。

 

しかし、ママは「愛してる」ので、

夫にDVを受け死んでしまった。

 

そして10年後、

 

娘のことも「愛してる」に変わり、

父親に殺されてしまった。

 

男の娘と短期間交際していた少年は

そのことを知っているので、

 

新たな恋人の「愛してる」

に対しても青ざめた。

 

2、

「愛してる=死んだ人への愛、

アイシテル=生きている人への愛」説

 

娘は、ママと同様に愛してもらう

ために自殺した。

 

刑事が「なぜあんなことをしたんだ?」

というのは、

 

父に対してではなく、

娘の自殺に対して言っている。

 

3、

「愛してる=恋愛感情、

アイシテル=家族愛」説

 

10年後、

 

娘のことを「アイシテル」から

「愛してる」と呼ぶ父。

 

この時点で、娘に対して

恋愛感情を持ってしまった父は、

 

娘が少年と交際していることに嫉妬し、

 

娘を殺してしまい、

逮捕された。

 

少年はそのことを知っているので、

 

新しい恋人からの「愛してる?」

に青ざめた。

 

4、

「愛してる=恋愛感情=

一生自分だけのものにする」説

 

ママは愛されたために、

父親に殺された。

 

10年後、

 

娘のことも「愛してる」になり、

娘も父親に殺された。

 

事情を知っている少年は、

新しい恋人の「愛してる?」を聞いて、

 

自分も同じ道を辿るのかと思い、

青ざめた。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ