ある夫婦が行った最期の下準備

足台

 

「おい、まだかよ?」

 

女房の背中に向かって、

俺は言った。

 

どうして女という生き物は、

支度に時間が掛かるのだろう。

 

「もうすぐ済むわ。

そんなに急ぐことないでしょ。

 

・・・ほら翔ちゃん、

バタバタしないの!」

 

確かに女房の言う通りだが、

せっかちは俺の性分だから仕方がない。

 

今年もあと僅か。

 

世間は慌しさに包まれていた。

 

俺は背広のポケットからタバコを取り出し、

火を点けた。

 

「お義父さんとお義母さん、

いきなりでビックリしないかしら?」

 

「なあに、孫の顔を見た途端、

ニコニコ顔になるさ」

 

俺は傍らで横になっている、

息子を眺めて言った。

 

「お待たせ~。

いいわよ。・・・あら?」

 

「ん、どうした?」

 

「あなた、ここ、ここ」

 

女房が俺の首元を指差すので、

触ってみた。

 

「あっ、忘れてた」

 

「あなたったら、

 

せっかちな上に

そそっかしいんだから。

 

こっち向いて。

 

あなた、愛してるわ」

 

女房は俺の首周りを整えながら、

独り言のように言った。

 

「何だよ、いきなり」

 

「いいじゃない、

夫婦なんだから」

 

女房は下を向いたままだったが、

照れているようだ。

 

「そうか・・・俺も愛してるよ」

 

こんなにはっきり言ったのは

何年振りだろう。

 

少し気恥ずかしかったが、

気分は悪くない。

 

俺は女房の手を握った。

 

「じゃ、行くか」

「ええ」

 

俺は足元の台を蹴った。

 

(終)

スポンサーリンク

2 Responses to “ある夫婦が行った最期の下準備”

  1. 名無し より:

    俺これちょっと意味わからん

    • 一家心中の話です。

      夫婦は先に殺した息子を傍らに、
      首吊りの準備をしています。

      妻の義父と義母(夫の両親)は、
      すでに他界。

      あっちの世界に孫を連れて、
      今から3人で逝くという描写です。

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ