自宅で不審な日記を見つけた

 

1904年8月、

私は自宅で不審な日記を見つけた。

 

我が家は6年前に結婚してすぐに、

妻と選んで購入した中古住宅だ。

 

妻と二人の娘は、

 

一昨年の船旅中の事故により、

他界してしまった。

 

二人の愛娘は、

 

後日に別々の場所に

打ち上げられたが、

 

結局は還って来なかった。

 

先日、

改築のため大工を呼ぶと、

 

妻の部屋の天井裏から

日記が出てきたと手渡された。

 

その日記は間違いなく、

妻の字で書かれていた。

 

日記の内容はこうだ。

 

<7/15>

今日から私と貴方の生活が

始まりますね。

 

(私と妻の結婚記念日だ)

 

<9/21>

貴方のために、

今の私が作られました。

 

<12/9>

それでも私は貴方を放さない。

 

<2/23>

もうすぐです。

 

<2/29>

理解して頂けましたか?

 

私は恐怖のあまり、

遠い街へと引っ越した。

 

(終)

解説

1904年に、

 

天井裏から不審な日記は

見つかった。

 

その日記は、

妻が書いたものだった。

 

妻は一昨年、

つまり1902年に亡くなっている。

 

なので語り手は、

 

この日記が書かれたのは

1902年より前と思っていた。

 

そして日記を読み始める。

 

日記の最後に、

このような一文がある。

 

<2/29>

理解して頂けましたか?

 

ここで重要なのは、

文章ではなく日付。

 

2/29という日付は、

閏年(うるうどし)にしか来ない。

 

閏年は4の倍数の年のことなので、

 

この日記が書かれたのは1900年か、

1904年。(※6年前に家を購入)

 

実は閏年には例外があり、

 

100の倍数は含めず、

400の倍数を閏年という。

 

なので、

1900年は当てはまらない。

 

つまり、

この日記が書かれたのは1904年。

 

日記は1904年に書かれたとなると、

おかしな部分がある。

 

妻は一昨年、

1902年に亡くなっている。

 

なのになぜ、

この妻の書いた日記があるのか?

 

それは、

妻が今も生きている。

 

それに、

 

家の天井裏で日記が

見つかっている。

 

そう、妻はずっと天井裏で

暮らしていたのだ。

 

<12/9>

それでも私は貴方を放さない。

 

と書かれていることから、

 

語り手の夫に浮気されたか

捨てられたのか・・・

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ