人が死んでから空いている物件に入居したら

部屋

 

これは、久しぶりに東京へ戻って一人暮しを始めた時のこと。

 

私は東京の家賃や敷金と礼金の高さに呆れ果てました。

 

おまけにその頃は無職で、都内の横柄な不動産屋は相手にもしてくれませんでした。

 

そんな時に見つけたのが、『半年前に人が死んでからずっと空いている物件』でした。

スポンサーリンク

毎晩3時に女の高笑いが

普通のアパートの1階でしたが、家賃を安くしてくれたうえ、敷金と礼金は1ヶ月分ずつでいい、と言われました。

 

それでも高いと思いましたが、自殺ではなく自然死ということでしたし、こちらも不動産屋巡りでうんざりしていたので妥協しました。

 

友人達は猛反対でしたが・・・。

 

アパートは一見綺麗なようですが、住んでみるととにかく湿気が凄かったのです。

 

ずっとエアコンをドライで動かしていても、部屋中が結露してしまいます。

 

また梅雨時の酷さは異常で、辺り一面がカビだらけになり、食品はもちろん、靴や衣服や化粧品にもカビが発生しました。

 

こういう場所というのは『邪気が溜まる』といいますが・・・。

 

そんな夏のある夜、「ケケケケケ」と女の高笑いが聞こえてきたのです。

 

その時は誰かがお笑い番組を見ているんだろうな、と気にしなかったのですが、それが毎晩3時ぐらいに聞こえてくるのです。

 

ちなみに、その頃は生まれて初めて買ったPSソフトのバイオハザード2にハマって徹夜していました。

 

でも楽しそうな笑い声だったので、怖いとか変という感じは全然ありませんでした。

 

声が聞こえてくる隣は空き部屋だとか、真上の階の部屋は空いていた、なんて事実はあえて考えないことにしました。

 

また、梅雨時にカビの臭いがするのでお香を焚いて寝ていたら、耳元でおばあさんの声で「身も知らない人にここまでしていただいてありがたい」と囁かれたこともあります。

 

でも、それも怖くはありませんでした。

 

そして2年後の更新時、やはり湿気が酷すぎるので退去することにしました。

 

・・・が、引っ越しの前日、金縛りに遭いました。

 

何本もの手が伸びてきて、私の体に絡まるのです。

 

それが『女の人の手』だということは分かりました。

 

なぜなら、一本の手は女性用の指輪をしていたから。

 

この話を友人にすると凄く怖がられたのですが、不思議とその時も怖くはありませんでした。

 

一緒にいた友人の旦那(彼も結構見る人です)が言うには、「それは○○(私)ちゃんと一緒に居てオバケも楽しかったから行かせたくなかったんだよ」とのこと。

 

これには私も納得しました。

 

変なことは多かったけれど、怖いというよりは遊んでもらっていたという感じでしたから。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ