死んでなお約束を果たしてくれた幼なじみ

和室

 

これは、不思議でもあり少し切ないお話。

 

私は出産後、腎盂炎で熱が下がらなくて、どうにも子供の世話がしんどい時があった。

 

夜中の授乳とおむつ替えは気力で乗り切ったが、子供を布団に戻した後の記憶がない。

 

次の日の朝、家族が「夕べは○○ちゃん来てたの?」と聞いてきた。(○○ちゃんは私の幼なじみ)

 

私自身が人に会える状態ではなかったし、まさか夜中に訪ねる人はいないと言うと、「赤ちゃんが寝るまで、ずっと優しくお話したり、歌を歌ったりする声がした。確かに○○ちゃんの声だった」との事。

 

家族には黙っていたけれど、この幼なじみは自殺して亡くなったばかりだった。

 

私が臨月の時に、「必ず会いに行くね」とお腹を撫でて言っていたので、死んでなお約束を果たしてくれたのが嬉しかった。

 

でも死ぬくらいなら、生きて会いに来て欲しかったな・・・。

 

自殺は成仏出来ないって言うけれど、この世のしがらみや苦悩から離れて、家族の待つ天国に行ったと信じたい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ