空き家の犬小屋の中に怖いヤツがいる

犬小屋

 

昔、うちの家には『クロ』という名前の犬がいた。

 

俺が小さい頃に死んだので、あまり思い出がない。

 

しかし両親にとってはとても愛着があり、家族同然のペットだったようだ。

 

クロが死んだ後、両親は新しいペットを飼おうとしなかったので、クロの思い出が残る犬小屋は“空き家のまま”庭にぽつんと残された。

スポンサーリンク

入ったり出たりを繰り返すモノ

俺の10歳年下の妹は、小さい頃からこの犬小屋に近づくのをとにかく嫌がった。

 

何故だか分からないが、酷く怖がっていた。

 

一度、妹のゴムまりが犬小屋の後ろに行った時、妹は泣きながら「怖いので取ってきて」と頼みにきた。

 

その時にどうして犬小屋が怖いのか聞いてみると、「中に怖いヤツがいる」と言う。

 

もちろん犬小屋は空き家なのだが、妹は「絶対にいる」と怖がる。

 

ゴムまりを取ってやった後で、俺や父が中を覗いてみたが、当然何もいなかった。

 

しかし母によれば、近所の人から「お宅のペットが夜に変な声で吠えてうるさかった」と、何回か苦情がきたことがあるそうだ。

 

うちにはクロが死んで以来ペットはいないのに。

 

母は「何かいるのかねぇ」と不気味なことを言う。

 

実は俺も、夜中に犬小屋の辺りから大きな叫び声のような声(犬の鳴き声ではない声)を聞いたことがあったので、本心では心細かった。

 

そして、中学3年のある晩のこと。

 

その日は大雨の夜だったが、勉強を終えて寝ようとすると、2階の窓の所で父が俺を無言で手招きしているのに気付いた。

 

この窓からはあの犬小屋が見えるのだが、父の様子から何か尋常でないことが察せられた。

 

俺は窓の所に寄り、父に言われるまま下を見下ろした。

 

そこにはあり得ない光景が広がっていた。

 

雨の降りしきる中、犬小屋の入り口から『白い人影』が入ったり出たりを繰り返している。

 

ヒョロリとした格好で雨の中をフラフラと歩き、辺りをうろついた後にまた犬小屋に入っていく。

 

それが2体以上いた。

 

とても人間とは思えないモノ。

 

父は「声を出すな」と小声で言った。

 

次の日、不安に思いながら学校から帰ると、犬小屋はきれいさっぱり撤去され、その跡はコンクリでガッチリと固められていた。

 

父が午前中に業者を呼んで一気にやってしまったらしい。

 

今でもあの夜に見たものが何であったかは謎のままだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ