夏休み中の学校へ肝試しに行ってみたら

ピアノ

 

これは、中学生の頃の話。

 

夏休み中のある日の夜中、友達らと「肝試しに行こうぜ」ということになった。

 

場所は通っている中学校。

 

学校は山奥にあり、警備センサー等はなかったと思う。

スポンサーリンク

ピアノを弾く女子生徒

そうして行ってみると、校舎には工事用の足場が組まれていて、改築する旨の看板が立てられていた。

 

しかし、俺たち三人はお構いなしに校舎へ侵入する。

 

すると、どこかからピアノの音が聞こえてきた。

 

音楽室にピアノがあったので、そこだろうと思って移動する。

 

どうやら音楽室も改築らしく、工事道具などが置かれている。

 

恐る恐る入ってみると、誰かがピアノを弾いていた。

 

「おい、あれ原田じゃね?」

 

隣にいた柏木が言った。

 

そこにいたのは転校生の原田という女子だった。

 

原田は吹奏楽部に所属しており、背は小さくてあまり存在感はなかったが、ピアノが上手で休み時間には音楽室でよく弾いていた。

 

ただ、他の女子からイジメられている、という噂もあった。

 

原田はピアノを弾きながら、ゆっくりと首をこちらに向けた。

 

そして何かブツブツと言っている。

 

よく見ると、ピアノの蓋が閉まっている。

 

原田の手は、その蓋に食い込むように挟まっていた。

 

しかしその間も、ずっとピアノの音は鳴っている。

 

さらには蓋が曲に合わせて小刻みに上下していた。

 

ピアノの蓋はかなり重いはずなのだが・・・。

 

俺たち三人はそのまま動けずにその様子を見ていると、原田は「最後まで聞いてね。そしたら死んであげる」と言った。

 

笑顔だった。

 

次の瞬間、俺たちは急いでその場所から逃げた。

 

そして夏休みが終わって始業式の日、原田は学校に来なかった。

 

担任は「転校」と言っていたが、本当はどうだか分からない。

 

その後も音楽室は1ヶ月ほど使えなかったが、改装工事が再び行われて使えるようになった。

 

ただ、音楽室に置かれた新しいピアノには蓋がなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ