夜の帰り道で遭遇した奇妙な一団

花嫁

 

これは、夜の帰り道で奇妙なものを見てしまった話。

 

金曜日の飲み会の帰りだった。

 

家の最寄り駅で降りて歩いていたら、目の前に突然モヤがかかり、20メートルくらいしか先が見えなくなった。

 

「まぁ、家までは歩いて10分くらいだからいいか」

 

そう思いながら歩いていると、前から何かが近づいてきた。

スポンサーリンク

何でこんな時間に?

人影のようだが、どうやら一人ではなさそう。

 

それどころか、何人もいる。

 

近くなって姿が見えると、それは『和装の花嫁』だった。

 

白無垢を着ていて、頭もきっちり結って角隠しを被っている。

 

その花嫁を中心に、黒い袴を着た男性が左右に2人おり、花嫁の後ろには巫女のような格好の女性2人が左右の裾を持って歩いていた。

 

そのさらに後ろから付いてくる形で、10人くらいの人が下を向きながら歩いていた。

 

その人達は服装も年齢もバラバラで、スーツ姿のおじさんから制服姿の女子高生、和服のおばさんと様々だった。

 

俺は「何でこんな時間に?」と思いつつも、とりあえず避けて一団が過ぎるのを見ていた。

 

一団は、皆一言も話さずに静かだった。

 

聞こえるのは布が擦れる「スッスッ」という音だけ。

 

一団は俺の前を通り過ぎて少し行った所で、ある家の前で止まり、門の方を皆が向いて深々と頭を下げた。

 

そして1人ずつ門から入り、玄関から家の中に皆が入って行った。

 

呆気に取られた俺は暫くぼーっとしていたが、気がつけばモヤも晴れていたのでさっさと家に帰り、風呂に入ってから就寝した。

 

そして次の日の夕方にそこを通りかかった時、あの花嫁一行が入って行った家でお通夜をやっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ