瑕疵物件の一軒家を借りてから

家

 

これは、一人暮らしを始めた頃の話。

 

まず部屋を借りようと物件を探していたところ、不動産屋に一軒の借家が出ていた。

 

予算オーバーだったが、家一軒を借りる分にしては安い家賃。

 

私は仕事が不規則なので、マンションでは深夜や早朝の生活音が気になることもあり、思い切って借りることにした。

 

その家は、庭付きのこじんまりとした造り。

 

但し、前の住人が家の中で病死して、死後1ヶ月してから発見された『瑕疵物件』と聞いた。

 

ただ私は幽霊の類は信じていなかったので気にしなかった。

スポンサーリンク

怪現象が起き始める

住み始めて半年ほどが過ぎ、友達が泊まりに来た夜のこと。

 

夜中に1階の台所へ下り、ラーメンを作った。

 

そして出来上がったラーメンをお盆に乗せて階段を上る途中、ふと階段上の2階部分に気配を感じた。

 

その直後、黒い人影がサーッと下りてきて、私の体を素通りして消えた。

 

私は恐ろしくてお盆を持ったまま固まってしまい、心配して部屋から出てきた友達に助けられた。

 

どうやら30分近く固まっていたらしく、ラーメンは伸びきっていた。

 

それ以降、ほぼ毎日のように金縛りに遭い、階段が怖かった。

 

金縛り中は、足元から女性2人がクスクスと笑っている声が聞こえたり、動かない私の腕の上に長い髪がバサーッと広がったりした。(私はショートヘア)

 

そして一番怖かったのは、兄が来た時の出来事だった。

 

昼寝中の兄が突然苦しみだし、うなされているのを通り越して「うぉぉーっ!」と吠えながらベッドの上で暴れ出した。

 

私には、必死に起き上がろうともがく兄を何者かが押さえ付けている、そんなように見えた。

 

そしてふと、ベッドの足元側の壁に貼られたポスターに目をやった。

 

そこには某キャラクラーの等身大ポスターを貼っていたのだが、平面のはずの絵が浮き出して見えた。

 

二次元のカラーイラストのはずの顔が、ブニブニとした肉感を持ち、顔つきもドス黒い皮膚で、なんだか物凄くイヤな感じのする表情になっている。

 

そのイヤな顔がどんどんと肉付けされていき、こちらに出て来ようとしている。

 

そう思った瞬間、私はポスターに飛びかかって一気に引き剥がした。

 

その途端、バタッと兄が動かなくなった。

 

「えっ?死んだ!?」と焦ったが、寝息を立てて眠っていた。

 

剥がしたポスターはただの紙に戻っていたが、怖かったこともあり、破れたので捨てた。

 

結局、そういった怪現象は半年ほど続いて止んだ。

 

それに、霊は一人ではなそうだったので、私が借りるまでの1年以上空き家だった期間に、色々なモノが入り込んでは棲みついていたのではないかと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ