脳の奥に話しかけてくる女性の声

魚雷回天基地

 

これは、山口県周南市のとある場所での話。(2003年4月までの徳山市。合併による)

 

その沖に船で20分ほど走ったところに、大津島という『人間魚雷回天の基地』がある。

 

余談だが、『出口のない海』という映画で登場している。

 

その基地の脇へ瀬渡し船で渡してもらい、久しぶりに一人でアジの夜釣りをしようと思った時のこと。

 

その日は暗闇の大潮で、入れ食い状態だった。

 

おそらく2時ぐらいだったか、真剣に浮きを見つめながら次の当たりを待っていた。

 

すると、何処からともなく、まるでテレパシーのように脳の奥に話しかけてくる女性の声が聞こえた。

 

「釣れますか?」と。

 

背後に視線を感じたが、釣る方に夢中で振り返ろうともせず浮きを見つめていると、「あのう、何匹か頂けたら嬉しいんですが・・・」と遠慮がちに口篭った。

 

俺の頭の中にはその女性の姿がはっきりと見えたが、釣ることで他の神経が麻痺していたのか、まったく怖いとは思わなかった。

 

なので、俺はクーラーボックスの蓋を開けて、右手で自分の左脇の後ろの岩の上に釣ったアジを置いた。

 

数分後、我に返った俺は、さっき確かに話しかけられたと思ってゾッとなった。

 

後ろの岩の上を見ると、確かにさっきアジを置いた岩が濡れていたが、アジは無くなっていた。

 

冒頭でも書いたが、もし映画『出口のない海』を観る機会があれば、そのコンクリートで出来た発射基地の左側がその時の現場だ。

 

ただ、此処へは船以外で簡単に来れない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ