滝つぼの裏に隠されていた深い洞窟の先に

滝つぼ

 

これはある年の秋に、山で奇妙な体験をした話。

 

友人が夢中になったことに感化され、俺は中型二輪免許を取得した。

 

そして俺は当時発売されたばかりの『ヤマハ・セロー225』というオフロードバイクを買った。

 

元々山好きな俺は『ヒマラヤカモシカ』という名を持ち、どこまでも山の中に入り込んで行けそうなこのバイクを一目で気に入ってしまったのだ。

 

仕事場に乗って行くと、親方が「なかなかハイカラなバイクだな。だがホンダじゃないのが気に入らねぇ」と感想を漏らしていたが・・・。

 

それ以降、荷物を持って行く時以外は、現場へ行くにもセローで行くようになった。

 

仕事柄、現場は山麓にあることも多いので、未舗装路でも気にせず走れるセローは非常に重宝した。

 

また、山奥のお社へ行くには長い階段を上らなければならないことも多いが、セローならちょっとした獣道でも入って行けるので、階段を避けてお社まで行くことも出来ることが多く、いつしかなくてはならない仕事の相棒となっていた。

 

ある土曜日、現場を早めに切り上げて、お社からさらに奥に入り込んでいく獣道を登ってみた。

 

沢沿いに高度を上げていくと、少し開けた川原に出て、そこにはかなり大きな滝があった。

 

滝つぼは深く、清冽な水の中に岩魚の姿も見ることができた。

 

さらに滝をよく見ると、裏側に空間があることに気がついた。

 

そして、滝の裏には入って行けそうな足場まである。

 

俺は興味を惹かれ、滝の裏に入って行った。

 

驚いたことに、滝の裏はかなり深い洞窟になっていた。

 

しかも、入り口から5メートルほど入った所には、洞窟の高さに合わせたような朱塗りの鳥居まである。

 

「こんな所にお社が?」

 

不思議に思った俺は、キーホルダーに付けていたペンライトで明かりを点けて、もっと奥へと進んでみた。

 

入り口から相当入り込んだ所に、湧き水が染み出して出来た池のような水溜りがあり、まるで横溝正史の怪奇小説のような雰囲気に恐怖を感じ始めた頃、洞窟の行き止まりが見えた。

 

光がほとんど届かないので薄暗いペンライトの明かりだけが頼りだったが、確かに小さなお社がある。

 

そして、そのお社の前に誰かが座っているのが見えた。

 

一心不乱に何事かを念じているようで、俺には気づいていない様子。

 

明らかに尋常ではないので、これは関わらない方がいいと判断し、そっと踵を返した。

 

しかし突然、足元に何かが絡み付いた。

 

蔦か何かかと思いライトで照らすと、それは大きなヤマカガシ(蛇)だった。

 

「うおっ!」

 

つい、声が漏れてしまった。

 

ハッとして振り返ると、座り込んでいた人影がこちらに振り向こうとしていた。

 

「だれだ~~~っ」

 

間延びしたような、それでいて腹の底から絞り出した憎悪に満ちた様な声が響き渡る。

 

俺は、後ろも見ずに駆け出した。

 

必死で走り、滝つぼに落ちそうにながらもセローへ辿り着く。

 

走りながら出しておいたキーを刺し込み、必死にキックする。

 

三回目でようやくエンジンがかかった。

 

ヘルメットもグローブも放り出して急いで走り出し、ミラーで後方を確認すると、先ほどの何者かが滝つぼの裏から出てくるところだった。

 

何かを喚いているようだが、すでに俺は木立の中の獣道へ入り込んでいた。

 

途中の自転車屋でヘルメットを借り、なんとか仕事場に無事到着すると、親方が「何真っ青な顔してんだぁ?」と聞いてきた。

 

俺は滝つぼでの件を全て話した。

 

「おう、奥の滝つぼの社か。ほんとにあったんか!」

 

「知ってるんですか?」

 

親方の話によると、あの滝からもう少しに獣道を登って行くと『古い廃集落』があるという。

 

戦後間もなく村人は集団で麓の村に移ったそうだが、何件かの家族は村に移ることを嫌がり残ったと。

 

しかし、その後その人たちがどうなったかを知る人はいないらしい。

 

「まあ、結局は麓に下りてきたってことに表向きはなってるがな」

 

親方は、それ以上は語らなかった。

 

後日、俺は友人らと、恐る恐る件の滝つぼまでバイクで行ってみた。

 

しかし、滝つぼの裏に入る為の足場は崩れており、もし入るなら滝つぼを泳いで行くか、滝の上流からロープなどを使って降りるしかない状態となっていた。

 

友人らからは「夢でも見たんじゃないのか?」と言われ、納得いかずにふと川原を見ると、俺が放り出して行ったヘルメットとグローブが落ちていた。

 

近寄ってみると、ヘルメットには無数の引っ掻き傷のようなものがあり、グローブの指は全て千切られていた。

 

しかも、どうも喰い千切られている様だった。

 

俺がそれを拾い上げた時、「ドカッ!」と音がした直後、滝の上から赤ん坊の頭ほどある石が俺の近くに降ってきた。

 

言うまでもなく俺たちは皆一斉にエンジンをかけ、一目散に逃げ出した。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ