部屋の中を誰かが這いずり回っている

足

 

何年か前のこと。

 

友人と心霊スポットを訪れて以来、怪現象のようなものに悩まされていた。

 

夜中にベッドで眠っていると、部屋の中を誰かがズリ・・・ズリ・・・と這いずり回っているような音がしていた。

 

それがとにかく気味悪くて仕方なかったので、少しでも恐怖心を取り除こうと、某夢の国に行った時にスマホに録画したパレードの動画を流しながら眠ることにした。

 

数時間が過ぎた頃、いつものように誰かが床を這いずっている音が聞こえて目が覚めた。

 

ループ設定にした動画がまだ流れていたので、これのおかげで恐怖心も少し和らぐなと思っていると、部屋を這いずる音がピタッと止まった。

 

音の近さからして、どうやらベッドの枕元付近で止まったようだった。

 

それからゆっくりと、人の気配が顔の近くまで寄って来るのがわかった。

 

「マジかよ・・・」と怯えていると、その気配はさらに近くまで寄り、またピタッと動きを止めたように感じた。

 

それからおそらく数分くらい経っただろうか。

 

気配を近くに感じるものの、何も起こらない。

 

恐怖心はあったが、次第に好奇心と眠りを妨げられた怒りが湧き、気配の正体を見てやろうと思った。

 

薄っすらと片目を開け、気配を感じる枕元を見てみると、人の形をした『黒いモヤ』があった。

 

人の横顔のようだった。

 

「ヤバい!」と思ったが、何かおかしい。

 

どうして横顔なんだろう?

 

もし危害を加えようとするのなら、自分から見えるのは正面では?

 

そう思って黒いモヤの視線の先を見てみると、スマホだった。

 

スマホから流れる某夢の国の動画をじーっと見つめている。

 

動画からは人々の歓声や楽しい音楽が流れている。

 

黒いモヤは音が気になるのか、それとも某夢の国が好きなのか、こちらには目もくれず、ずっと動画を見ていた。

 

その日以来、しばらく某夢の国の動画を流しながら眠るのが習慣になっていたが、同時に這いずり回る音はピタリと止んだ。

 

ただその後、某夢の国に行ってパレードを見るたびに、「アイツにも見せてやりたいな」と思うようになってしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ