境内の隅を這っている肉の塊

鳥居

 

これは、友人から聞いた話。

 

彼のツレに、いわゆる『みえる人』がいるのだという。

 

二人で山奥の神社へ出掛けた折に、そのツレが境内の一角をじっと見つめたまま動かなくなった。

 

「何か見えるか?」

 

そう尋ねたところ、ツレは短く答えた。

 

「肉がいる」

 

何だそれはと問うてみたが、「肉は肉だ」と、それしか答えない。

 

しつこく問いただすと、桜色をした肉の塊が境内の隅を這っているのだという。

 

引きつった友人の顔を見て、ツレは息をひとつ吐いてから続けた。

 

「大丈夫、悪いモノじゃないと思う。時々、カラスや犬がかぶり付いてるから毒もないんじゃないかな。古い神社にはわりといるんだ、あの肉。

 

初詣の後なんか、明らかにブクブクと大きく育ってる。ひょっとしたら、人が吐き出していった願い事や悩み事を喰ってるのかもね。

 

それを鳥や獣がさらに喰らう。いわゆる浄化ってやつなのかな、そう思うよ」

 

それからというもの、彼は悩み事ができるとその神社へ参拝するようになった。

 

柏手を打ってしばらくすると、不思議に頭がスッキリとするのだそうだ。

 

「ああいった話を聞いた後だから、単に思い込みなのかもしれないけど。でも言われてみれば、確かにあの社、妙にカラスが多いんだよな」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ