神社の賽銭箱を漁った直後に

賽銭箱

 

これは、俺が高校生だった時の体験話。

 

週末になると、よく友達の家へ泊まりに行っていた。

 

2~3人が集まってゲームをしたりして。

 

ある夜、「なんでお前は赤亀ばっか出るんだよ~」とか言って盛り上がっていたら煙草がなくなった。

 

高校生だったし、お金もなかったので、タクヤにお金がないか聞いたところ「ない」との返事。※仮名

 

話し合った結果、“近所にある神社の賽銭箱を漁ろう”ということに。

 

そうして夜中の1~2時頃に二人で神社に行ってみると、なんと賽銭箱の鍵が開いていて、小声で「ラッキー♪」と笑いながら漁るといくらかにはなった。

 

さぁコンビニに行くかと自転車に跨り、ふと神社の脇道を見た時だった。

 

道の向こうから、誰かが走ってくるのが見えた。

 

小さな人影だったが、2つ不審に感じたことがあった。

 

ひとつは、ピンク色の傘をさしていたこと。

 

ちなみに雨は一滴も降っていなかったし、夜中に日傘もないだろう。

 

もうひとつは、その人影が俺たちを目指して走っているようだったこと。

 

その道には他にも脇に逸れる道はいくつかあったが、その人影がこちらに向かっているのが俺にはわかった。

 

上手く言えないし、人影がこちらに向いて走っているからそう感じただけかもしれないが、なんとなくわかった。

 

賽銭泥棒をした直後だったから、正直怖かった。

 

晴れた夜中にピンク色の傘をさした人影が、こちら向かって走って来る。

 

普通ならあり得ないだろう。

 

とっさにタクヤの方を見ると、何も気づかずに自転車をゆっくり漕ぎ始めている。

 

俺はその場から逃げるとすぐタクヤに追い付き、「逃げるぞ!漕げ!漕げ!」と捲し立てた。

 

タクヤは最初、「はぁ?何だよ?おい待てって!」と言っていたが、理由を説明している暇はないし、賽銭泥棒をした直後だったからタクヤも後ろめたかったのだろう。

 

二人して必死に自転車を漕いだ。

 

逃げている途中、首筋に布のような柔らかい物が触れたが、気になんかしていられなかった。

 

なんとかコンビニに着き、煙草を買ってタクヤの家に帰宅した。

 

部屋に着いてから、改めてタクヤに説明を求められた。

 

当然だ。

 

全てを話すと、タクヤはこう言った。

 

「お前も知ってるかもしれないけど、最近この辺りって葬式がよくあるだろ?その中の一件が婆さんなんだ。よくピンクの傘さして歩いてたよ。そういやあの婆さん、あの神社に掃除やお参りしてたなぁ」

 

次の瞬間、聞いていたCDの音が連続で飛び始めた。

 

怖くなった俺たちは、無我夢中になって謝り倒した。

 

次の日、二人で供え物を持参して神社へ謝りに行った。

 

あの人影は今だに覚えている。

 

おばあちゃん、ごめんな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ