山小屋に足止めをくらっていた夜のこと

山小屋

 

これは、山仲間の心霊体験談。

 

雪で山小屋に足止めをくらっていた夜のこと。

 

寝ていたところ、人の話し声で目を覚まされた。

 

小屋の隅の方で五~六人が車座になって、何やらガヤガヤと話し込んでいる。※車座(くるまざ)=大勢が輪になって座ること

 

結構大きな声だった。

 

常識がないなとムッとし、「少し静かに話してくれませんか」と注意した。

 

すると、話し声がピタリと止まり、車座の皆が顔をこちらに向けてくる。

 

薄暗い中で、何故か顔だけが白く浮き上がってはっきりと見えた。

 

こちらを向いた一団は、皆がまったく”同じ顔”をしていた。

 

ただ、その後の記憶がはっきりしないのだという。

 

ハッと気が付くと、小屋の中は既に曙光で白んでいた。※曙光(しょこう)=夜明けにさしてくる太陽の光

 

いつの間にか夜が明けていたらしい。

 

雪も止んでいる。

 

山小屋の中にいるのは彼一人だけだった。

 

思わず、昨夜に彼らが座っていた辺りを調べてみた。

 

床の上には、誰かがいた痕跡など少しも残っていなかった。

 

その時は悪い夢でも見たのかと思って済ませたのだが、その二年後、同じ山小屋で寸分変わらず同じ体験をしたそうだ。

 

やはり雪の夜で、一人きりの時に。

 

「もうあそこは利用しない。俺とは相性が悪過ぎる」

 

彼は、そう言ってぼやいていた。

 

七人ミサキ|参考

四国地方や中国地方に伝わる集団亡霊。災害や事故、特に海で溺死した人間の死霊。その名の通り常に七人組で…(Wikipediaより)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ