山小屋に居た先客が実は・・・

山小屋

 

これは高校の山岳部だった頃に、夏合宿で先生から聞いた話。

 

その昔、部員生徒を連れて山に登っていた。

 

そして山頂から下りる時、日も暮れてきたので途中の山小屋で一泊しよう、ということになった。

 

山小屋に入ると、先客が居たので先生は挨拶をした。

 

「今日はこちらでご一緒になります。宜しくお願いします」

 

壁に寄りかかって座っている先客は、ぺこりとお辞儀をする。

 

そうして共に一夜を過ごし、朝になった。

 

しかし、目覚めると外がやけに騒がしい。

 

出てみると、ヘリコプターやら記者やら、なにやら大勢が山小屋の外にいる。

 

何事かと聞けば、「ここに遭難した方の遺体を寝かしておいた。麓まで運べなかったから、途中にあったこの山小屋に置いて人手を呼んで、また来たんだ」と関係者が答えた。

 

小屋の中を見てみると、壁に寄りかかっていたはずの男が、きちんとシートを被されて寝かされている。

 

すでに亡くなっていたはずの先客は、確かに昨日お辞儀をした。

 

それを他の部員生徒も見ていたという。

 

この件については新聞にも載ったらしい。

 

先生は幽霊とかそういう類の話は信じないのだが、なぜかオカルト体験が多い。

 

例えば、「骨を加えた狐が足元を通って、リンが燃えて人魂に見えたことはあったけど、あれはどうにも腑に落ちない」などと言っていた。

 

ちなみにその先生は、もう定年で学校を辞めている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ