行水女房を目撃するのは男に限る

桶

 

これは、友人の話。

 

彼は幼年期を山中の実家で過ごしたのだが、時々不思議な体験をしたのだという。

 

小学校に上がったばかりの真冬日、とある一軒家の傍らを通り過ぎようとした。

 

その時、板塀の向こうから「ザパァッ」と水の流れる音がした。

 

背伸びをすれば届く位置に、いい感じに節穴が空いてある。

 

「何してるんだろう?」

 

好奇心から覗いてみた。

 

向こう側は小さな庭になっていて、そこで誰かが行水をしていた。

 

大人の女性だ。

 

白い背中が柔らかく水を弾いている。

 

慌てて目を離し、気付かれる前に逃げ出すことにした。

 

しばらく走ってから、ハッと思い出す。

 

「あそこって確か、誰も住んでいない荒ら屋じゃなかったっけ?」

 

間違いない。

 

悪友とこっそり入り込んで探検ごっこをした記憶がある。

 

加えて、今の季節は冬だ。

 

とても行水などする者はいない。

 

恐る恐る引き返して、もう一度だけ中を覗き込んでみた。

 

見えるのは、記憶通りの荒れた廃屋の姿だけ。

 

あの裸身はおろか、置いてあった手桶やタライまで、影も形も無くなっていた。

 

後に聞かされたのだが、彼が見たモノは『行水女房』と呼ばれていて、村ではそれなりに有名な怪であったらしい。

 

怪と言っても、ただ背を向けた女の裸が覗き見えるだけのもので、何ら害はない。

 

来歴は不明だが、いつの頃からか件の廃屋に出るようになったのだという。

 

それに、これを目撃するのは決まって男性に限られていたとのことだ。

 

以来、彼が行水女房を見たことはなく、件の廃屋も現在は駐車場になっている。

 

「今の俺だったら、双方が納得いくまでしっかりと覗いてあげるのになぁ」

 

彼は心底残念そうに嘆いた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ