傘がないの?家まで送ってあげるよ

傘

 

これは、同級生の不思議な体験話。

 

彼がまだ小学生だった頃、帰り道でにわか雨に祟られた。

 

傘を持っていなかったので、途中にあったバス停の屋根の下へ逃げ込んだ。

 

濡れた身体を払いながら困った顔をしていると、スッと何かが後ろから頭の上に差し出される。

 

見上げると赤い傘があった。

 

驚いて振り向くと、優しそうな女性が微笑んでいて、こう話し掛けてきた。

 

「傘がないの?家まで送ってあげようか?」

 

あぁ助かったと思い、有り難く申し出を受けることにする。

 

女性の傘に入れてもらいながら、道々で色んなことを話した。

 

特に女性は彼のことを聞きたがったので、身の回りであったことや家族のことを思いつくままに喋ったのだという。

 

どれくらい歩いただろうか、いつの間にか雨が小降りになっていた。

 

それに気がついた女性はハッとした様子で、申し訳なさそうに謝ってきた。

 

「御免なさい、もう戻らないと・・・。雨が止んだら出ていられないから」

 

ただ、その後がはっきりしないのだという。

 

気がつくと横に並んでいた女性は幻のように消え失せていた。

 

慌てて辺りを見回すと、そこはまるで見覚えのない山の中だった。

 

雨は止んでいたが、日が落ちかけていて、夜がそこまで迫ってきている。

 

半べそをかきながら歩き出したが、道らしい道もない森の中だ。

 

すぐに歩けなくなってしまう。

 

結局その日の夜遅く、探しに来てくれた消防団の人に助けてもらうことになった。

 

無事に帰ってから酷く怒られたが、彼が女性の話をすると皆が怖い顔になった。

 

それからしばらく後、『不審者に注意!』という看板が通学路に立てられた。

 

また、親たちが交代で巡回するようにもなったそうだ。

 

「でもね、あの人は僕を何処かへ連れて行こうとか、そんなこと考えてなかったんじゃないかと思うんだ。

 

あの夜、僕が見つかった場所は、僕の家に面した裏山の一寸入った奥だった。

 

考えてみるとその場所って、ちょうど傘に入れてもらったバス停から僕の家まで真っ直ぐに引いた直線の上にあるんだ。

 

いや、道も何もない森の中だから、普通は人なんてとても歩かないけどな。

 

だからあそこで雨が上がらなかったら、ちゃんと家まで送ってくれてたんじゃないかって思うんだよ。

 

だって俺の話を聞いてくれていたあの人の顔、すごく楽しそうだったんだもの。

 

ついうっかりペース配分を間違えちゃったんだろうなぁ」

 

なんとなくしみじみとした調子で、彼はこの話をしてくれた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ