襖の隙間から顔を覗かせた女の子からの宣告

襖

 

これは、私がまだ小学生の頃の話。

 

正月に、広島にある祖父の家へ行った時のこと。

 

そこで私は熱を出してしまい、寝込んでしまったのです。

 

和室の真ん中に布団を敷いてもらって、うつらうつら…。

 

目が覚めると、もう夕方でした。

 

隣の部屋に通じる襖に、冬の淡い日差しが薄赤く映えています。

 

その時、襖がスルスルと開き始め、20センチ程の隙間から女の子の顔が現れました。

 

頭を坊主にした女の子。

 

私をじっと見下ろしています。

 

襖の向こうは真っ暗で、そこに浮かび上がる白い顔は能面のようでした。

 

「まひるが呼んでるよ」

 

その子が口を開きました。

 

まひるというのは私より2つ年下の従兄弟で、確か東京に住んでいました。

 

(まひるくん、来てるんだ…)

 

発熱で朦朧とした頭でそんなことを考えながら、女の子に聞き返しました。

 

「どこで?」

 

「井戸の中」

 

(井戸?)

 

確かに、祖父の家には井戸がありました。

 

でも、そんなところで?

 

「そんなところで何してるの?」

 

「知らない。もうダメかもね」

 

その子は表情一つ変えずに、そんなことを言いました。

 

その後、私は眠りに落ちたのか、記憶はここで途切れています。

 

それから一月ほど経ったある日、母から“まひるくんが亡くなった”と聞かされました。

 

冬休み中に、用水路に落ちたことによる溺死だったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ