薄暗い家の中でニュッと顔だけ出すの母

廊下

 

これは、子供の時に不可解な体験をした話。

 

その日、習い事をサボり、遊んでから家に帰った。

 

玄関のドアを開けると、家の中はまだ夕方とはいえ、電気もつけずに薄暗かった。

 

そして靴を脱いでいると、台所から母が顔だけニュッと出し、真顔で私を見ていた

スポンサーリンク

今でもこの体験は謎のままに

もしかしてサボったのがバレていて怒ってる?と思い、何か言われるかと待っていると、ニュッと顔が引っ込んだ。

 

バレているけど後で蒸し返して怒るパターンかもと怯えていると、また台所からニュッと母の顔が。

 

やはり、母は真顔でジーっと私を見ている。

 

それに無言なのがさらに怖い。

 

私から謝るのを待っているんだと思い、「ごめんなさい・・・」と言うと、顔は引っ込んだ。

 

言い訳をしようと、自室がある2階への階段を上らずそのまま台所に行くも、誰もいない。

 

誰もいないどころか、電気のついていない台所はかなり暗かった。

 

なんだこれ?と思って振り向くと、今度は階段から母が顔だけニュッと覗かせた。

 

思わず「うわっ!」と声を出した私に対して、母は真顔でノーリアクションのまま顔を引っ込めた。

 

恐怖を感じた私は「つまんないことしないでよ!」と怒鳴ると、また顔だけを覗かせてジーっと私を見てくる。

 

母がおかしくなったと思った私は、台所の勝手口から外へ逃げ出したが、裸足のままでは行く場所もない。

 

仕方なく、また玄関から家に入ると、なぜか家の中は明るかった。

 

廊下も台所も電気がついていて、間髪入れずに「塾サボったでしょ!何やってんの!」と、母が怒鳴り声と共に飛び出してきた。

 

恐る恐る台所を覗き込むと、いつもの母がいた。

 

さっきまでのことを話すも、「何言ってんのよ?」と、まったく取り合ってくれなかった。

 

ドッキリだったのか何だったのか分からないけど、今でもあの時の体験は謎のままになっている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ