夜の山で聞こえてきた奇妙な2つの音

井戸

 

これは、友人の話。

 

一人で夏山を縦走していた時のこと。

 

真夜中、何かの物音に目を覚まされた。

 

ぽちゃん、ぽちゃん。

 

水音のようだ。

 

深そうな水溜りに、小石が落ちているような、そんな音。

 

「水場はかなり離れてるのに、ここまで音が聞こえるものか?」

 

寝惚けながら考えていると、音はいきなりガサッという乾いたものに変わった。

 

膝まである草を掻き分けているかのような、そんな音。

 

何かがガサガサと草を踏みながら、このテントの周りを巡っている…。

 

息を殺して様子を伺っているうち、やがて音は遠ざかって行った。

 

そしてまた、ぽちゃんと水が跳ねる音に変化する。

 

唐突に音は聞こえなくなった。

 

夜が明けるまで、それ以上とても眠れなかったという。

 

明るくなってから、辺りを散策してみた。

 

テントから少し離れた窪みで、古い石組みの筒が見つかった。

 

「井戸?こんな山の中に?」

 

ふと嫌な想像が頭を過ぎる。

 

昨晩、何かがここから這い上がって来て、テント周りをうろついた。

 

そしてまたこの中に戻って、水の中に沈んでいった…。

 

恐る恐る中を覗いてみた。

 

赤茶けた地肌が底の方に見える。

 

どう見ても、ずっと昔に枯れた井戸だった。

 

「俺があの夜に聞いたのは、一体何の音だったんだろう?」

 

今でもそれが不思議なのだという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ