集合写真の中のその女の子だけをずっと

写真

 

これは、私の子供たちがまだ小さかった頃の話です。

 

子供は2人いますが、仮に名前を当時9歳の長女をユイ、3歳の次女をミカとします。

 

それは、長女ユイの幼稚園時代の集合写真を見ていた時のことでした。

 

その写真は、たまたまアルバムに入れ忘れたものだったのですが、それを何気なくミカに見せました。

 

すると、ミカがずっとある女の子を指差しているのです。

 

クラスは28人で、女の子も14人くらいはいるのですが、何故かその女の子だけをずっと指差すのです。

 

たまたま気になったのかな?と不思議に思いながらも、その写真は私の部屋の机の上にぽんと置いておきました。

 

ちなみに、ユイとミカは6歳離れているので、ミカがユイの幼稚園時代のお友達を知ることはまずあり得ません。

 

そんなことがあってから何日か経ち、ジジとババが家へ遊びに来ました。

 

その時に、なんとなくあの写真の話をしました。

 

そして、その写真をミカの前に持って来て、「女の子をもう一度指差して」とお願いしてみました。

 

最初は「イヤ」と拒否をして、なかなか指差してくれませんでした。

 

しかし、私が何度も言うと渋々指を差してくれたのですが、やはりこの前と同じ女の子の顔を、今度はグリグリとしながら指差しました。

 

嫌なのに無理強いしたからそんな指し方をしたのかな?と思った矢先、ミカが慌ててリビングと洗面台に繋がる扉を閉めにいったのです。

 

そして、「くるよ」と言うのです。

 

ミカの言葉の意味がわからず一瞬混乱した私は、「何がくるの?」と聞いてみると、「おんなのこ」と答えました。

 

何か嫌な感じがしたので、私は話題を変えて写真をアルバムの中に入れ、もう見ないようにしました。

 

その数日後、ミカとお風呂に入っている時でした。

 

私が髪を洗い終えて目を開けると、ミカがお風呂の端を指差して「いるよ」と言うのです。

 

当然、その空間には何もいません。

 

私は物凄く怖くなり、ミカとすぐにお風呂から出ました。

 

ミカはその後も2~3回ほど、お風呂場の端を指差すことがありました。

 

なので、その辺りに盛り塩を置いてみたところ、それ以降は指差すことはなくなりました。

 

私は幽霊など見えないし、見たこともないので、霊のような何かがいたのかどうかはわかりません。

 

それにミカも大きくなり、その当時の記憶がないようなので、真意を聞くこともできません。

 

何かの偶然かもしれないし、単なる子供の戯言だったのだろうと私は思っています。

 

ですが…ただ気がかりなのは、ミカが指差していた女の子、その子のお母さんと全く連絡が取れないことです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ