睡眠中、突然目が覚めた私の目の前に

ベッド

 

これは私が高1だった時に起きた、ある夜の奇妙な体験話。

 

その夜、私は壁際に置いたベッドで壁の方を向いて横向きに寝ていました。

 

ですが、ぐっすり眠っていた私は突然目が覚めたのです。

 

それも普通に目覚める時のようにゆっくりではなく、ぱちりと目が開きました。

 

そして目が開いた私の目の前に、私を凝視している『顔』がありました。

 

添い寝をしているような体勢で、顔と顔を突き合わせてしまったのです。

 

目鼻立ちがくっきりした顔。

 

性別はわかりませんでしたが、表情は怒ったような、何かを訴えるような感じでした。

 

と言っても、長い時間その顔を見ていたわけではありません。

 

顔から下も見ませんでした。

 

それでも、目に焼き付いてしまったのです。

 

怖くて反射的に寝返りを打ちました。

 

その時に偶然視界に入ったのは、壁と反対側のベッドサイドに置いてある時計。

 

時刻は1時過ぎを指していました。

 

壁を背にして横向きになった私は、次の瞬間、”金縛り”に遭いました。

 

初めての経験でした。

 

体がまったく動きません。

 

声も出せません。

 

それに、どうやら寝返りを打った瞬間に目を固く閉じてしまったらしく、目を開けることもできませんでした。

 

指先ひとつ動かせずに怯えている私の背後には、まだあの顔を持つ何かが添い寝をしています。

 

なぜわかるのか?

 

それは、固まってしまった私の首筋に息がかかるのを感じていたからです。

 

その息は早く、それでいて冷たく、ずっと首筋にあたり続けています。

 

私はパニック寸前でした。

 

さらに恐ろしいことに、声まで聞こえてきたのです。

 

「ママ~、ママ~」

 

そう言っているように聞こえました。

 

やはり男とも女ともつかない、地の底から聞こえるような、はたまた頭の中に直接響いてくるような声でした。

 

とても怖くて逃げることしか考えられなくなってしまった私は、なんとかして体を少しでも動かそう、声を出そう、これをなんとか振り切ろう、としました。

 

体に力を入れ、どこでもいいから動かそう。

 

声が出なければ音でもと、とにかく全身を力ませていたように思います。

 

そして次第に、振り切れそうな気がしました。

 

気がつくと私は、さっきまでと同じ姿勢でベッドの横の床に横たわっていました。

 

とても長い時間倒れていたような気がしましたが、慌てて起き上がり、部屋の明かりをつけて時計を見ると、5分も経っていませんでした。

 

夢?とも考えましたが、息のかかる感触、声の響きはどうしても夢だったとは思えません。

 

後日談

それから数日後、飼っていた犬を部屋に連れて来てみたところ、天井の角に向かって吠え続けていました。

 

それを見た私はさらに怖くなったので、とりあえずその方向に向かって「出てこないで…」とお願いしつつ、なぜか謝っていました。

 

実は、この奇妙な出来事が起きる前から知っていたことなのですが、母は私と弟の間に生まれるはずだった子供を死産しています

 

もしかすると何か関係があるのかもしれませんが、あの日以降、これといった異変は起きていません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ