ホテルで感じた違和感と雑音

 

関西方面のある有名なホテルに、

2泊3日の旅行で泊まることになった。

 

1日目、

 

昼3時過ぎにチェックインして

部屋に向かい、

 

何故か入った瞬間、

いきなり咳き込む。

 

テレビのチャンネルや照明のスイッチ、

デジタル時計が置いてある棚の上に、

 

少し古めの小型ラジオが置いてある。

 

このご時勢にラジオが置かれていることに

少し驚きつつも、

 

チャンネルに手を伸ばし

テレビをつけると、

 

いきなり映ったのは砂嵐・・・。

 

結構有名なホテルだったので、

最近のテレビが設置してある。

 

だから、テレビをつけて

直ぐに映るのは、

 

そのホテルの案内映像だと

思っていただけに、

 

少し複雑な気持ちに。

 

ましてや、

 

客を通す際にせめて砂嵐以外の

チャンネルにしておいてくれよ・・・

 

などと思いながらも、

 

ゆったりとソファーに座り、

テレビを観る。

 

その後、

 

妻と一緒にホテルのロビー横にある

土産コーナーを少し眺め、

 

夕食をビュッフェにするか中華にするか

フランス料理にするかを悩みながら、

 

一旦部屋に戻る。

 

少し違和感を感じるも、

その時は特に分からず。

 

夕飯を済ませ部屋に戻り、

 

売店で買ってきたスルメと、

 

冷蔵庫の中のビールを飲みながら

テレビを観ていると、

 

妻が「先にお風呂に入るね」

と風呂場へ。

 

そこで再び違和感が。

 

酔っているからか認識は出来ないが、

何か先程までと違う。

 

でも何が?

 

それが分からない。

 

妻が風呂から出てきたので、

自分も入りその日は寝ることに。

 

久しぶりにダブルベッドだし

一緒に寝ようと言い、

 

棚を挟んだ妻のベッドへと

移る途中に、

 

『ゴリッ』

 

と音が鳴る。

 

何か踏んだ感触は、

足には無い。

 

妻も特に何かを押し潰したような

事は無い。

 

何の音か確かめようと、

足元を見るも、何も無い。

 

1日目はそのまま寝て、

次の日は朝から観光に。

 

2日目、

帰宅したのは夕飯後の7時。

 

部屋に入り、

 

前日同様にビールを飲みながら

テレビを観ていると、

 

妻がゴソゴソと動き出す。

 

「先にお風呂に入るね~」

 

ここで予期せぬ事が・・・。

 

『うん』

 

ん? 誰が??

 

聞き間違いか?

 

俺、酔ってるのかな・・・

と思い直し、妻に、

 

「今なんて?」

 

と聞き返す。

 

「え?

 

お風呂先に頂きますって

言ったんだけどー」

 

と言うので、

 

「そのあと返事した?」

 

と返す。

 

妻は聞き流しながら風呂へ。

 

何か昨日から違和感があるな・・・

と思い始めるが分からない。

 

すると、

 

「ゴホン、ゴホン」

 

と隣の部屋から

咳き込む声が聞こえる。

 

初めに俺もこの部屋に入った時

咳き込んだけど、

 

有名ホテルのわりには

掃除を怠けてるのか?

 

などと愚痴りながら

ビールを飲み干す。

 

あれ?

有名ホテルだよな?

 

ここって結構値段もして、

 

久しぶりの旅行だから良い部屋取ろう

って言って選んだんだよな?

 

なんで横の部屋の咳払いが

聞こえるんだ?

 

と酔いが醒める。

 

俺、飲みすぎたか・・・

と少し自重し、

 

妻が上がった後に風呂へ。

 

風呂を出て、

妻と一緒に寝る為にベッドへ。

 

明かりを消す為に、

 

照明のリモコンを「ピッ」と

天井に向かって押すと、

 

『ガガ・・ガガ・・ガアアアアアアア』

 

突然に雑音がベッドの足元から

聞こえ出す。

 

何が起きたのか全く分からず、

ビクつきながら足元に向かう。

 

その瞬間、

 

ピッという音と共に、

照明が反応し消えた。

 

妻に「なんで消すの?」

と言うと、

 

「私じゃないよ。

リモコン持ってないもん」

 

とビクつきながら答える。

 

「点けて」

 

と言った瞬間、再度

 

『ガ・・ガ・・・・・ダ・メ』

 

と雑音に紛れて、

音が鳴り始める。

 

恐怖で飛び跳ねてしまう。

 

怖さからリモコンを何度も

天井の照明に向けて押すも、

 

全く反応しない。

 

直ぐに、横の棚にある

電話を取り、

 

フロントへ電話をかけ、

来てもらうことに。

 

従業員が来るまでの間も、

 

照明は点かずの

雑音は鳴り止まず、

 

チャイムが鳴り、

 

再び腰を抜かしそうに

なりながらもドアまで走り、

 

開けて中の様子を説明。

 

照明に関しては、

 

入り口に設置されてある

リモコンからすぐに点いた。

 

その時に、

 

ベッドの足元側の下にあった物に

びっくりした。

 

少し古い小型ラジオがそこにあり、

音を出している。

 

従業員が呆気に取られた顔で、

俺を見る。

 

俺も、妻と従業員を

交互に見る。

 

少し恥ずかしくなり、

 

「こんな壊れてるの

置いとかないでよ」

 

と従業員に言うと、

 

「え?」と言う。

 

「いや、お客様がご使用

されたのでは?」

 

と言うので、

 

「一切、何にもしていない」

 

と言い、

 

妻へ向き「使った?」と聞くも、

首を横へ振る。

 

従業員も相手にしていられない

という感じでラジオを止めて、

 

失礼しましたと出て行こうとする。

 

その時に、

 

明らかにラジオから聞こえた音が

未だに恐怖で、

 

二度とあのホテルには

泊まらないと決めた。

 

『ぜんぶとれた?』

 

意味は分からないが、

何か怖すぎて血の気が引いた。

 

従業員も「え?」って顔で

向き直していたから、

 

俺らが言ったと思っている

のかも知れないが、

 

俺らも全く訳が分からない。

 

従業員が出口を出る瞬間に、

 

『ぜぇんぶとれた?』

 

と二度目に聞こえた時に

必死に電源を探していた、

 

(従業員)に言いたい。

 

電池が1個下に落ちているから

音が出るはずないのよ、

 

そのラジオ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ