私を見つめる近所のおじいさん

家の近所で一人暮らししていた、

おじいさんの話。

 

息子夫婦と折り合いが

悪かったそうで、

 

若夫婦が家を出て行きました。

 

それからおじいさんは一人寂しく、

大きな家に住んでいました。

 

私はその頃、

小学生で塾に通っていました。

 

いつもその家の前を、

夕方7時頃に通っていました。

 

その日もいつものように

その家を通ると、

 

ニヤニヤ笑ったおじいさんが

何も言う訳でもなく、

 

道の隅に立って

私を見ていました。

 

幼いながらも、

 

『このおじいさん怖い、

普通じゃない』

 

と感じた私は、

走って家に帰りました。

 

家で母にその話をすると、

 

「あのおじいさん可哀想に。

 

一人になったら

寂しくなっちゃったのかもね。

 

○○さん(近所のおばさん)

のお家に、

 

夜になると玄関のドアをドンドン叩いて、

何か言ってるらしいの。

 

塾は今度から迎えに行くね」

 

そう言われました。

 

その次の日です。

 

おじいさんが首を吊っているのが

発見されたのは。

 

その日も暑い夏でした。

車庫の中で亡くなっていたそうです。

 

状態から死後10日は経っているだろうと、

大人達が話しているのを聞きました。

 

では、私が見たおじいさんは・・・

 

近所のおばさんの玄関を叩く

おじいさんは一体・・・。

 

それから母はその事には

触れませんでしたが、

 

私の「色んなモノが見えるから

夜は電気を点けて寝て良い?」

 

という願いを、すんなり

聞いてくれるようになりました。

 

「ごめんね。点けて寝て良いよ」と。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ