座椅子の中に黒髪の束

髪の毛

 

私の叔母が5年前のお盆に体験した実話。

 

叔母は、とある美容に関する病院で働いている。

 

お盆の時期は一番の稼ぎ時なので、休みを取らずに働いていた。

 

夫と離婚し、両親と3人暮らし。

 

両親は墓参りやなんやで何日か家を空け、その間も叔母は夜に帰宅して朝に出勤といった日々を送っていた。

 

彼女の部屋は床が畳で、角には仏壇。

 

ふすまの奥には、彼女の母が使用していた古めかしい由緒ある三面鏡があった。

 

完璧な和室だ。

 

夕方は薄暗くて気味が悪い。

 

ある夜、叔母は髪留めか何かを探していた。

 

何の迷いもなく三面鏡の上や引出しやらを見たりしていて、三面鏡の前の座椅子の蓋をパッと開けてみた。

 

すると、長く真っ黒な細い髪の毛の束が綺麗にとぐろを巻いて置いてあった。

 

※とぐろ

ヘビなどが体をうず巻き状にぐるぐる巻くこと。

 

ぎょっとして掴み上げてみると、1メートル以上ある。

 

明らかに付け毛の類ではない。

 

ハサミでバチっと切ったような切れ方だ。

 

もちろん叔母も家族も、誰もここまで髪を伸ばした者はいない。

 

一家全員がクセ毛で毛が太いので、家族の誰かであるはずがない。

 

叔母は気味が悪くなり、即その毛をゴミ箱に放り込み、床に就いた。

 

しかし、全く眠る事が出来ず、次の日そのまま出勤した。

 

そして帰宅後、自分の部屋で肌の手入れをしながら、なんとなくテレビをつけていた。

 

すると、昔の日本の怪談映画が始まった。

 

もの凄く若いなあ、なんて思って見ていたらしい。

 

内容はあまり覚えていないらしいが、わかる人にはわかるのだろう。

 

なんと、その映画のタイトルは『黒髪』だった。

 

昨晩の出来事と何かしら関連があるのではないか。

 

偶然だと思いたいけれど思えない、気が狂いそうなほど怖かったという。

 

家に誰も居なくて一人だった。

 

お盆の時期だったというのも怖さを手伝っていた。

 

その後、両親が帰って来てから、あの髪の毛の事に思い当たりはないかと訊いてみたが、さっぱり分からないという。

 

親戚にも訊いてみたらしいが、皆知らない。

 

もちろん私も。

 

第一、祖母が使っていたのだから、その長い間、座椅子を一度も開けないわけがない。

 

一体いつ誰が髪の毛を入れたのか。

 

それに、あれは誰の髪の毛なのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ