病が快復した日、夫が妙なことを言い出した

階段

 

つい先日の出来事です。

 

私は、夫と0歳児と犬と暮らす、ごく平凡な主婦です。

 

家は都内にありがちな狭小3階建て。

 

以前は夫と犬と3階のベッドルームで寝ていたのですが、出産を機に2階の和室で親子3人川の字と犬で寝ることにしました。

 

そんな矢先の年明け、私はノロウイルスにかかってしまいました。

スポンサーリンク

私の様なモノ

夫と子供への感染が心配だった為、私は数日間、一人3階のベッドルームで休むことにしました。

 

我が家は2階と3階にトイレ(3階には洗面台もあります)があり、ベッドルームには小型冷蔵庫もあります。

 

私はスポーツドリンクや栄養ドリンク、ゼリー飲料、水、着替え、その他必要な小物を用意してベッドルームに籠城することに。

 

夫との連絡はスマホのショートメッセージで済ませることにしました。

 

数日後、下痢と嘔吐と高熱も治まり、私は2階へ降りて久し振りに夫と子供と顔を合わせました。

 

数日間とはいえ、子供には寂しい思いをさせ、夫には慣れない育児を肩代わりしてもらい、申し訳ないやらありがたいやら。

 

そして2階に降りたその日の夕飯時、夫が妙なことを言いました。

 

「子供にうつるかもしれないんだし、○○(私)も身体が辛かったろうから無理して毎晩降りて来なくてよかったのに」と。

 

夫によると、夜中に子供がぐずっていると、私が降りてきておっぱいをあげようとしたそう。

 

しかし、子供は飲んでくれないどころかますます泣くばかりで、私はあやすために子供を庭(プランターが数個置いてあるだけの小さな庭です)へ執拗に連れ出そうとしたそうです。

 

確かに、夏場に子供がぐずついた時は連れ出して気分転換させていましたが、寒さ厳しい季節になってからは夜中の庭へ出たことはありませんでした。

 

夫はというと、私を心配して「自分がやるから大丈夫だよ」と、毎晩渋るというか癇癪(かんしゃく)を起こす私を強引に3階へ戻し、2階で子供をあやしていたそうです。

 

私は夫に言いました。

 

「私、治るまで一度も降りてないんだけど・・・」と。

 

最初は冗談扱いしていた夫も、私の真剣な表情と口振りに、「じゃあ毎晩降りてきた○○は何だったんだ?」と顔面蒼白。

 

夫曰く、そういえば犬が私に向かって今にも噛みつきそうな勢いで唸っていたそうです。

 

私が実家から連れてきた犬で、普段は子供と争うかのように私に甘えてくる犬なのに。

 

そして今、私はまたもや体調を崩してインフルエンザでダウン。

 

しかし、私の様なモノに子供を攫(さら)われそうなので、今回は3階に籠城はせず、感染覚悟で親子3人川の字と犬で寝ています。

 

今のところ何も起こらず、家にも異変はありません。

 

犬も以前と変わらぬ甘えん坊。

 

家は新築で、土地も義祖父が畑にしていた場所なので、因縁めいたものも特にありません。

 

なので、ただ単に“私自身が生霊を飛ばしてしまっただけなのかな?”と思っています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ