俺の周りでの怪奇現象

学生時代、

アパートを借りたんだ。

 

それまで寮生活だったから、

初めての一人暮らし。

 

家賃、電気、ガス、水道代、

 

そういう支払いってのを

やった事がなかったから、

 

次々止まっていったよ。

 

そんなことはどうでもいいんだけど。

 

住んで3ヶ月、

 

何も使えなくなってからは

友人宅を泊まり歩くようになり、

 

自宅には荷物を取りに

帰るぐらいの毎日。

 

住んで半年、

 

大学を中退して

就職する事が決まったので、

 

家賃の清算と引越しを

親に任せて大阪に移った。

 

後で親に聞いたんだが、

不動産会社に嫌味を言われたらしい。

 

「お宅の息子さん、

何か宗教でもやってるんですか?

 

毎朝お経のような唸り声が

聞こえてたと、

 

上の階から苦情がありましたよ。

 

伝えようにも、昼間は

外に出ているみたいで、

 

連絡が着かなかったんですけどね」

 

他に、こんなこともあった。

 

オイラの住んでた寮ってのは、

 

部屋同士の間仕切りが

ベニヤ1枚とコンクリが順番になってて、

 

俺の居た314号と313号の間はベニヤ、

315号との間はコンクリだったのね。

 

だから、隣の部屋の

物音は漏れまくり。

 

夕方にウトウトしていたら、

部屋の中で変な物音がしたんだ。

 

ペコペコ、ペコペコって。

 

『あー、これ、

キーボード引いてる音だ。

 

Sの奴、勝手に人の部屋で

弾いてんのかな?』

 

と思って、

 

ふとキーボードを見ると、

誰もいない。

 

しかし、電源は入ってる。

 

よく見ると、

 

キーボードが勝手に

凹んでるんだよね。

 

カタカタ、カタカタって。

 

まるで自動鍵盤のようにね。

 

怖くなって

ガバっと起き上がったら、

 

やっぱり電源は入っていない。

 

夢だったのかと思って、

313号の奴に聞いたんだ。

 

そしたら、

 

確かに俺の部屋からペコペコって、

聞こえたらしいんだよ。

 

この時は怖かったな。

 

夜中に天袋の扉が

突然開いたり、

 

院の先輩に聞いたら、

 

どうやらその部屋は

首吊り自殺があったらしい。

 

ということも聞いたんだけど、

ペコペコが一番怖かったよ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ