夜の宿舎を走る幽霊

茨城県T市の大学寮H宿舎。

 

最近この宿舎の学生達は、

あるものに迷惑していた。

 

それは幽霊である。

 

その幽霊はマラソンランナーのような

姿をしており、

 

壁をすり抜けて、

 

宿舎の端から端の部屋までを

走るのだという。

 

ランニング幽霊と名づけられた

その幽霊は、

 

夜の宿舎を走るために、

寝ている学生達を踏んだりして、 

 

ビックリする学生が

続出していた。

 

そんな折、

 

寮の学生たちが

調べたところによると、

 

この大学の陸上部の部員で、

 

マラソンのゴール直前で

死んでしまった学生がおり、

 

その幽霊らしいということが

わかってきた。

 

そんな話を聞いた

一人の学生が、

 

「俺に考えがある」

 

と言い、

 

次の日の夜、

 

自分の部屋に

寮のみんなを集めた。

 

彼は白いテープを用意すると、

 

部屋にいた一人に

端を持ってくれと頼んだ。

 

そして、

深夜ランニング幽霊が現れた。

 

幽霊はいつものように

壁をすり抜けて現れたが、

 

学生の持っているテープを切ると、

 

満足した表情をして

消えてしまった。

 

なぜ消えたのか

訳を聞かれた学生は、

 

「あいつはゴール直前で

死んだんだろ?

 

だからテープを切らせて

やったんだ。

 

さっき作ったのは

ゴールテープだったんだよ」

 

そう言って、

学生はにっこり笑った。

 

検証

この話は漫画にもなったので、

ご存じの方も多いだろう。

 

この大学にまつわる

都市伝説や幽霊話は多いものの、

 

これらの話には共通点があり、

 

「学内では聞いたことがないのに、

外では広まっている」

 

のだそうだ。

 

おそらくだが、

 

前述の幽霊話が

有名になりすぎたために、

 

舞台として

 

この大学が使われることが

多くなったためと思われるが、

 

真相は不明である。

 

ランニング幽霊には

後日談があり、

 

寮の一人が「よーい、スタート!」

と言ってしまったために、

 

ランニング幽霊は再び

走りだしたそうな・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ