産婦人科の待合室でウトウトしていたら

これは私が体験した実話です。

 

今から15年ほど前、

 

私の妻の出産に立ち会った

時のことです。

 

産婦人科には、夜運ばれて来る

妊婦さんの家族のために、

 

待合室のようなところがあるんです。

 

その時は真夜中だったこともあり、

少しウトウトしてしまいました。

 

そんな時、

 

胸の上にズシッと重みを感じ、

何かと思って目を開けたんです。

 

そしたらなんと胸の上には、

 

目が真っ白で頭が異様に大きい

赤ん坊が乗っていたのです。

 

しかも、その赤ん坊は

とても重く、

 

息をするのがやっと、

という状態でした。

 

私は、そのとき初めて自分が

金縛りに遭っていることに気づき、

 

助けを呼ぶことも出来ず、

冷や汗をかきっぱなしでした。

 

しかも、その赤ん坊はゆっくりと、

私の上を這って近づいて来るのです。

 

その赤ん坊が

顔の目の前に来て、

 

私の人生はもう終わりだと

思っていた時、

 

赤ん坊はこう呟いたのです。

 

「こいつじゃない」

 

その後、私は気絶していたのか、

気が付くと朝になっていました。

 

その話を看護婦さんにすると、

 

この病院ではよく、

その赤ん坊が出てくるそうです。

 

なんでも、流産した子供が、

 

親を探して夜な夜な現れると

解釈しているそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ