赤ん坊が生まれたその夜に

 

ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。

 

その夜、

 

看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、

なんと赤ん坊は死んでいた。

 

病院は事実を隠蔽するため、

 

すぐに身寄りのない赤ん坊を

身代わりに用意した。

 

出産の時に母親は意識がなく、

 

自分が生んだ赤ん坊を

まだ見てはいない。

 

そして見た目が瓜二つな

赤ん坊を選んだため、

 

見破られることはない、

はずだった・・・。

 

次の日、

 

母親は赤ん坊と対面するなり、

鬼の様な形相で叫んだ。

 

「こいつは私の子じゃない!」

 

(終)

解説

生まれた夜に赤ん坊が死んでいたのは、

先に母親が殺していたから。

 

再び目の前に現れた赤ん坊を見て、

母親は発狂してしまった。

 

望まれて生まれきた子ではなかった・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ