誰が生き残るかを公平に決めた

毒キノコ

 

これは、東北地方の寂れた山村出身のばあちゃんから聞いた話。

 

度重なる飢饉や疫病で、皆が飢えていた悲しい時代のこと。

 

人減らしをしなければ、集落自体がなくなってしまうほど飢えていたという。

 

そんな訳で、公平に誰が生き残るかを決めなければいけなかった。

 

そして村で決めたその方法とは、『宴会を開く』というものだったそうで。

 

但し、少ない食料を持ち寄って、女も子供も参加して開いた宴会には秘密があった。

 

そんなには多くない食事の中の一部に、山間には多く見られた”食わず茸という毒茸”を、細かくして混ぜたという。

 

夜が開ける頃、辺りには狐に憑かれたようにブツブツと呟いている者、笑っている者、叫んでいる者が現れる。

 

しばらくすると、泡を吹いて息をしなくなったり、笑いながら崖から飛んでしまう者もいた。

 

この村に伝わる悲しい実話だ。

 

食べ物は絶対に粗末にしたらいけないという教訓で伝えられていたようだが、ばあちゃんは「だから、わしゃは宴会には参加しねぇ」と、いつも言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ