トンネル内にいたワンピース姿の女性

去年の三月、

 

高速バスで帰宅をする弟を

池袋に迎えに行くために、

 

旦那と一緒に車で

千某ヶ谷トンネルを通りました。

 

運転席に旦那、

助手席に私が座り、

 

車は池袋へと進んでいました。

 

夜の十時を回ったくらいでしょうか。

 

某スタジオを過ぎ、

ガード内に差し掛かる辺りで、

 

地図を見ていた私が

顔を上げると・・・。

 

ガード真ん中辺りに、

 

白いワンピースを着た女の人が

歩いているのが映りました。

 

まだ時間も時間だったし、

駅も近いので、

 

大して気にも留めてなかったのですが。

 

車がガード内に入り、

 

その女の人を見た辺りに

差し掛かると・・・。

 

その女性の居た辺り(助手席の左ドア側)

から異様な寒気が、

 

左手側から首に向かって

上がってくるのを感じます。

 

それと同時に、

 

何か分からない恐怖感が

突き上げて来て。

 

なにがどう怖いか

自分でも分からないうちに、

 

私は「キャー」という、

恐怖の悲鳴をあげていました。

 

旦那がその悲鳴にびっくりして、

「どうかしたの?」と聞いたその時・・・。

 

私と旦那の前方から、

 

ひんやりした目に見えない

コンニャクのような感覚をしたものが、

 

『ずむっ』と突き抜けて、

通り過ぎていきました。

 

トンネルを出た瞬間、

 

旦那と私は顔を見合わせ、

「今の何だったの?」と言いました。

 

トンネルを出た後、

 

車内はヒーターが掛かっていた

にも関わらず異様に冷え、

 

私はカチカチと震えるほどでした。

 

それが何だったのか、

未だ分かりません。

 

(そもそも、旦那は

女性を見ていないのです)

 

が、ふと思い出すと、

 

トンネルを入る時に見た

ワンピースの女性・・・。

 

未だに、なぜ女性と分かったのか、

不思議なのです。

 

顔を見ていなくて

後姿とずっと思っていたのですが、

 

よくよく思い出すと、

 

顔と体の向きが

逆だった気がするのです。

 

私たち夫婦は、昼も夜も、

そこは通らないようにしています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ