眠りに落ちた美女

 

ある日、

 

僕は学校の美術室の

掃除当番だった。

 

早く終わらせて帰ろうと思い

急いでいたら、

 

一枚の絵が大事そうに

飾られているのを見つけた。

 

その絵はとても綺麗な

女の人の肖像画だったが、

 

少し不気味で

目に特徴があった。

 

とても大きな瞳で、

こっちを見ている気がした。

 

なんだか急に怖くなり、

急いで掃除を終わらせて帰った。

 

次の日、

学校は大騒ぎになっていた。

 

例の美術室の絵が盗まれたのだ。

 

最後に絵を見たということで、

僕は美術の先生に色々と聞かれた。

 

「なるほど、

 

掃除をしていた時には

ちゃんとあったんだね」

 

「間違いないです。

あの絵は高価なものなんですか?」

 

「あれはね、

『眠りに落ちた美女』といって、

 

私の知人の画家が、

 

自分の娘の寝顔を見て

描いたものなんだ。

 

特に価値はない。

 

最も、画家も娘も、

もうこの世にいないけどね」

 

「そうなんですか・・・」

 

あの絵は結局、

見つからなかった。

 

不思議なことに、

 

泥棒が入った痕跡も

なかったらしい。

 

(終)

解説

「とても大きな瞳でこっちを見ている」

 ↓

「娘の寝顔を見て描いたもの」

 

僕が見た絵が普通ではないことが

想像出来る・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ