トラウマになった巻物の中身

 

子供の頃、

 

ウチの倉庫部屋で見つけた

巻物の中身が忘れられない。

 

当時、小4か5で、

 

倉庫部屋の押入れの、

さらに天袋の中にあったから、

 

今考えると、

私もよく見つけたもんだと思う。

 

「あ、よくアニメで見る巻物だ!

すごい、こんなのがウチにあるなんて!」

 

そう思って、

 

何の疑いも持たずに

箱から取り出し、

 

ヒモを解いて中を見た。

 

そしたらまず、

 

ぽっぴんを吹く女みたいな

江戸時代風の絵で、

 

※参考(ぽっぴんを吹く女)

 

デカイ犬が花魁みたいな

豪華な着物の女の人を、

 

犯しているのが描いてあった。

 

ギャアー!なんだこれ!

と思いながらも、

 

止めときゃいいのに、

そのまま巻物を解いていくと・・・

 

背が異様に小さくて、

 

目だけギョロッとデカイ

小人みたいな男が、

 

女の人を犯しているもの。

 

ツノが一本の小さい子鬼が

女の人を犯しているもの。

 

タコが触手で絡みついて

女の人を犯しているもの。

 

目玉の化け物みたいなのが

女の人を犯しているもの。

 

そんなのばっかりだった・・・。

 

もっと怖いのは、

 

犯している側の奴らの目線が、

全員こっちを向いていたこと。

 

さらに、どの女の人も、

多分死んでいる。

 

肌が青くて、白目で、

口から血が一筋出ている人もいた。

 

あまりに怖くて、

 

でも内容が内容だけに

親にも聞けなくて・・・。

 

でも、そのまま置いておくのも

絶対に嫌で・・・。

 

しょうがないから、

泣きながら庭で燃やした。

 

今でも鮮明に思い出せる。

 

ホント見なければよかった・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

2 Responses to “トラウマになった巻物の中身”

  1. 匿名 より:

    勿体無い事をww

  2. 匿名 より:

    春画浮世絵を燃やした?
    本当の話ならこいつバーミヤンの石仏を爆破したイスラム教徒並みの馬鹿で愚か者だな。

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ