高速道路の深夜警備で休憩中に

その日、N君は遅めの食事を

高速道路上で摂っていた。

 

工事中、保安の関係で、

 

警備員は一斉に食事休憩を

取ることはない。

 

その晩、

 

N君はローテーションの

最後の順番で、

 

休憩に入った時は、

深夜3時近くになっていた。

 

食事休憩と言っても、

高速道路の上である。

 

勝手に下へ降りるわけにもいかないし、

 

N君は長く伸びた工事帯の外れで

一人食事を摂っていた。

 

道路の上に腰を降ろし、

 

工事前に買ってきたパンを

ほおばろうとした時だった。

 

「おっ?今頃食事かい?

遅いじゃないか・・・」

 

と声を掛けられた。

 

見ると、

 

顔見知りのトラックの運転手が、

彼を後ろから覗き込んでいる。

 

「そうなんですよ、お腹が減っちゃって。

運転手さんはもう食べたんですか?」

 

N君は運転手にそう返した。

 

「いやぁ、俺らもまだなんだわ。

 

それにしても美味しそうだなぁ。

ちょっとくれよ!」

 

運転手は冗談半分で

パンに手を伸ばした。

 

「またまたぁ・・・ダメですよ」

 

N君は運転手からパンを

さっと隠すと笑った。

 

運転手も、

その様子を見て笑った。

 

「邪魔したな。じゃ、また!」

 

そう言うと、

 

運転手は工事帯の奥の方にある

自分のトラックの方へと歩いていった。

 

4つ程のパンを食べ終え、

 

最後の1つをビニール袋から

取り出そうとした時。

 

N君は背後から再び、

声を掛けられたような気がした。

 

ちょっと目線を送ると、

後ろから誰かが覗き込んでいる。

 

『はは~ん、運転手さんだな・・・』

 

彼は、顔の方に首を向けた。

 

しかし、その顔は運転手では無く、

知らない中年の男の顔だった。

 

暗い高速道路上で、その顔は、

いやに白く光って見えた。

 

さらに目線を上げると、

 

覗き込んでいるのは、

その顔ひとつではなかった。

 

その白い顔の上から

もう一人、

 

中年の男がN君をじっと

覗き込んでいる。

 

『なんだろう?俺なんかしたかな?』

 

そう思った彼は、

 

男達の顔を見るべく

パンを道路に置き、

 

ゆっくりと体をひねった。

 

「い、いっ!?」

 

N君を覗き込んでいたのは、

2人では無かった。

 

その2つの顔の上で、さらに

3人の男が彼を覗き込んでいた。

 

しかも、どの顔にも

首から下は無い・・・。

 

胴体の無い白い顔だけが、

 

真っ直ぐ上に5つ並んで

彼を覗き込んでいたのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ