電車での人身事故の瞬間

※この話にはグロテスクな(刺激の強い)描写が含まれていますので閲覧時にはご注意ください。

 

それは終電近く、

地下鉄の某駅のホーム端で、

 

酔っ払いが線路に向かって

ゲーゲーやり出した。

 

しばらくすると

治まったみたいだったが、

 

突然大きく線路に頭を突き出し、

 

口から噴水のようなゲロを

延々と吐き出し始めた。

 

気持ち悪かったが、

 

あまりにも凄い光景なので

見続けてしまった。

 

しかしタイミングが悪く、

 

その時カーブの先から、

電車がホームに入って来るところだった。

スポンサーリンク

列車事故の現実とは・・・

ああ!っと思った瞬間、

 

パーンという音と共に、

 

酔っ払いの突き出した頭が

砕ける音が響くと同時に、

 

アゴから上が砕けた頭の固まりが、

横の柱にぶち当たった。

 

黒い髪の付いた固まりが、

 

柱の根本にまるでスイカを

ぶち当てたよう崩れ落ち、

 

灰色した脳が真っ赤な血と

ぐちゃちゃに散らばった。

 

その頭蓋骨が、

割れたヘルメットのようだった。

 

うぁ・・・と思った瞬間、

頭が下アゴだけになった体が、

 

斜め前のホーム中央まで

飛ばされていった。

 

同時に、

 

これを見た乗客達からの凄い悲鳴が、

ホーム中に響き渡った。

 

飛ばされたその体は、

 

砕けた頭をこちらに向けるような

位置で止まっていた。

 

下アゴの歯と舌だけが、

首にくっ付いた状態だった。

 

喉と思われる穴から、

 

空気が血と混じってゴロゴロ音を

出しながら吹き出していた。

 

この時、

体はまだ生きていたのだ!

 

膝を立てたように転がっていた体は、

足を床に何度も何度も擦り付け、

 

砕けた頭を中心に円を描くように、

ぐるぐる回転し始めた。

 

あれほど身の毛がよだつ瞬間はなかった。

 

脳がないのに断末魔の苦しみから

逃げるように・・・。

 

何かの話で、

首を切り落とした鶏が、

 

そのまましばらく走り回る話を

思い出してしまった。

 

人間でもあるんだ・・・。

 

ふと、柱を振り返ると、

 

砕けた頭から飛び出した目玉が、

 

まるで遙か向こうの自分の体を

見つめているように、

 

じっと床に付着していた。

 

もう、気が狂うと思うほど、

凍りついた瞬間だった。

 

これが列車事故の現実なんだと思った。

 

(終)

スポンサーリンク

3 Responses to “電車での人身事故の瞬間”

  1. 匿名 より:

    やはり一瞬で死ぬことは不可能なんでしょうね。。。

  2. ちえぞ より:

    想像力を大いに刺激し響く内容でした!
    私の友人談ですが、駅からさほど遠くない踏切で遮断機が空くのを待っていたところ、通過する特急にホームから飛び込んだ者がいたらしく、駅方向から近づいてくるただならぬ長い警笛と共に、列車は踏切に差し掛かったところで止まったそうです。車体には、ちょうど目の高さの位置付近にちぎれた頭が踏切を向くようにして引っかかっており、口をパクパクしていたのが今でも鮮明に記憶に残っていると。。

  3. 匿名 より:

    可哀そう…

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←←ランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ