サークル仲間の不可解な人身事故

大学の同級生から、

 

久しぶりに忘年会の誘いがあって、

思い出した。

 

大学3年の12月に、

サークルの連中と飲んでた。

 

2次会が終わったところで、

 

何人かが終電に間に合うように

帰っていった。

 

俺は5人くらいと残って、

 

朝まで居酒屋で時間を潰して、

始発で帰った。

 

次の日は家で爆睡してたら、

 

昼過ぎに仲間の一人から

電話が掛かってきた。

 

昨晩、先に帰ったKが、

事故で亡くなったと聞かされた。

 

その日の夕方、

 

締め慣れないネクタイに

悪戦苦闘した後、

 

Kの通夜会場に向かった。

 

昨日の夜は、あんなに

馬鹿騒ぎしてた連中が、

 

今日は喪服姿で

神妙にしてるなんて、

 

不思議な光景だった。

 

おまけに、

一人は棺桶の中だなんて。

 

通夜会場を早めに後にして、

 

俺達は帰り道にあった

ファミレスに入った。

 

そして、

 

Kと一緒に帰ったSから、

事故の話を聞いた。

 

KとSは同じ方向だったので、

 

途中まで同じ電車に乗って

帰っていた。

 

KとSはその当時、

俺達の間では微妙な関係で、

 

元々Kの彼女だった

女の子が、

 

Kとはっきり別れないうちに

Sに乗りかえようとしてる、

 

みたいな噂があって、

 

事情を知ってる

俺たち何人かは、

 

結構ヒヤヒヤしながら

その三角関係を見守っていた。

 

KはSと彼女のことをまだ知らない、

と俺たちは考えていた。

 

電車の中で、

Kは何か考えてるみたいで、

 

Sが話し掛けても、ただずっと、

ニヤニヤしてるだけだったらしい。

 

そのうち、

Kの乗り換えの駅に着くと、

 

Sに、

 

「お前も気を付けて帰れよ」

 

と言い残して降りていった。

 

ドアが閉まり、

 

SはKに向かって、

ガラス越しに手を上げた。

 

(その時のKは、俺を凄い顔で

睨みつけた気がする、

 

とSが後から言っていた)

 

Sを乗せた電車は、

 

深夜にしてはかなりの数の

乗客を乗せて動き始めたんだけど、

 

5メートルも進まないうちに

突然ガタンと、

 

急ブレーキを掛けて

止まってしまった。

 

かなり長い間、

 

Sを含めた乗客を乗せたまま、

電車は止まっていた。

 

そして車内アナウンスが流れ、

 

この電車で

人身事故があったことを、

 

Sは知った。

 

ドアが開いてSが外に出ると、

駅構内は大騒ぎだった。

 

事故は電車の先頭であったらしく、

人だかりが出来ていた。

 

Sは、Kがまだホームに

いるんじゃないかと思いながら、

 

その方向に歩いていった。

 

事故は、

動き出そうとした電車の前に、

 

人が落ちたか飛び降りたかして

電車の下に入ったらしく、

 

何人もの駅員が

線路に降りて、

 

大声を上げながら

電車の下を覗き込んでいた。

 

野次馬に混じり、

Sもホームから様子を見ていたが、

 

被害者の物らしい上着を見て、

Sは青くなった。

 

それは、俺達サークルの

スタジャンだった。

 

その後、

 

SはKの家族と病院に行ったり、

警察の調べとかで大変だったらしい。

 

一睡もしてないらしくて、

 

目は真っ赤で、

凄くやつれた顔をしてた。

 

焦点の合わない目をしながら、

Sは俺達に向かってしきりに、

 

「どうして俺の乗ってた電車の

先頭に行けるんだよ・・・

 

俺達は後ろの方の車両に

乗ってたんだぜ・・・

 

どうやったらそんなに早く

移動出来るんだよ・・・」

 

と聞いていた。

 

その後、

 

この事故は小さくだけど、

週刊誌に書かれた。

 

電車の運転士も、

Kを見てなかったらしい。

 

Sが嘘をついていたのか

どうかは謎だが、

 

少なくとも、

 

その時は作り話をしてるようには

俺には見えなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “サークル仲間の不可解な人身事故”

  1. 名無し より:

    Sと女はもう付き合うということで話はまとまってたんだろうか?Sの反応からするともう決定間近という感じがする。
    女がKとのことを曖昧にしてたのはSの自分に対しての気持ちがはっきりしてない時期で要するにこの件の少し前では女はKをキープでSに振られたらKに戻りSとうまくいったらKと別れるという計画だったんじゃないかな。
    それにしてもこの話にKが亡くなった後女はどうしたとか書かれてないけどどう感じただろうね。まさか彼氏が亡くなるなんて思ってなかっただろう。

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ