終電の車内には自分以外に誰も居ないと思ったが

電車

 

つい2日前の出来事だ。

 

その日はゼミの教授の話に付き合わされて遅くなり、終電で帰る事に。

 

俺の家は田舎にあり、また終電という事もあってか、自分以外は車内に人は居なかった。

 

下車するまではまだ7駅もあったので、揺られながらウトウトしていた。

 

・・・が、気が付くとやけに寒い。

 

クーラーの効きすぎか?と思ったが、何かが違う。

 

そして、その時に初めて気付いたのだが、どこかからスーパーの袋をクシャクシャと丸めるような音がする。

 

その音が頭上近くから聞こえると分かり上を見ると、荷物を載せる網棚に誰かが寝転がっていた

 

ちなみに、俺が座っていたのは出入り口のすぐそばだ。

 

奴は向いの席の真上から下を覗き込むように、網棚に体を横たわらせてニタニタと笑っている。

 

ボサボサの髪に顔が紫がかった土気色で、皮膚はひび割れている。

 

男か女かも、若いのか老いているのかも分からない。

 

聞こえていたクシャクシャという音は、奴の吐息交じりの声だった。

 

幸いにも奴の目は俺には向いていないが、忙しなく動いている。

 

「コイツと目を合わせちゃいけない!」と本能で感じたが、俺は目を逸らす事が出来ない。

 

なぜだか目の動かし方を完全に忘れていた。

 

逃げようにも最後尾の車両で、逃げるには奴の横を通るしかない。

 

もう俺はパニックだった。

 

相変わらず奴は「クシャクシャ・・・」と聞き取れない言葉を発しながら、黄ばんだ目玉をギョロギョロとさせている。

 

精神的に限界になりそうな時、駅に着いた。

 

転がるように電車から飛び出したが、目の端で奴がこちらを見ていたのが分かった。

 

2駅分も余計に歩く羽目になったが、奴と同じ空間に居る方が俺には耐えられなかった。

 

ところで、さっきから隣の部屋からクシャクシャと音がするのだが、猫が遊んでいるだけだと思いたい・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ