トラックの無線に入ってきた声

俺は、トラック運転手だった。

 

いつものように、

山奥までの道のり。

 

しかし、その日だけは、

何かいつもと違うのだ。

 

上司から無線に

連絡が来た。

 

「今日、○○線で事故があったそうだ。

気をつけろよ、じゃぁな」

 

それは、今日通る道。

 

俺が通らなくはならない

道だった。

 

正直言って、

俺は霊感が強い。

 

その道に差し掛かった。

 

何も無いだろうと、

思い切って通り過ぎた。

 

やはり何も起こらなかった。

 

ほっ・・・。

 

俺は、そのままアクセルを

踏んで進んだ。

 

そして、上司に

連絡してみることにした。

 

「事故現場は何も起こらなくて

良かったっすよ。ほん・・・」

 

プチッ・・・

 

いきなり通信が途絶えた。

 

『俺の話すんなよ・・・』

 

「お~い、どうしたぁ?」

 

そして上司の声が戻った。

 

そう、それは聞き覚えのない声・・・。

とても悲しい声だった・・・。

 

それっきり、俺はトラックを

運転出来なくなった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ