電車内で感じた視線の正体

今日も、残業で帰りが

遅くなってしまった。

 

ずっと残業が続き、

私は疲れ気味。

 

疲れている時には

座って帰りたいけど、

 

そんな時に限って、

 

電車は座れるほどには

空いていないですよね。

 

座席が埋まって、

 

チラホラと立っている人が

いるくらいです。

 

微妙だね。

 

いっそ、混雑してれば

諦めがつくのに。

 

ドアの所に立って、

 

流れゆく街の明かりや

通過する駅を見ていた。

 

やがて、電車は

郊外を走っている。

 

ここまでくると、

 

マンションや住宅の

明かりばかりになってくる。

 

この辺は丘陵地帯なので、

トンネルがいくつも続く。

 

トンネルに入ると、

ドアガラスには車内だけが映る。

 

ふと、視線を感じた。

 

あれ?って思った時には

トンネルを出ていた。

 

ドアガラスは、

 

半分が外の夜景で、

半分が車内を映している。

 

ドアガラス越しに映っている

車内を見ても、

 

私に視線を合わせている

人などいない。

 

次のトンネルでも

視線を感じた。

 

その次のトンネルでも

視線を感じた。

 

慌ててドアガラスに反射した

車内の風景を見ると、

 

私の真後ろに男性がいる。

 

え?っと振り向くと、

誰もいない。

 

痴漢?

ストーカー?

 

変質者だったら嫌だな・・・。

何もなければいいけど・・・。

 

この先に長いトンネルがあるので、

じっくりと見てやるぞと決意したが、

 

いけないことをする時のように、

心臓がバクバクしている。

 

トンネルに入ると、

今度も視線を感じる。

 

後ろを見るが、

やはり誰もいない。

 

改めてドアガラス越しに反射する、

車内の風景を見ると・・・

 

私の後ろに誰かいる。

 

それは・・・

 

去年、死に別れた夫。

 

仕事で疲れている私を、

心配して見守ってくれている。

 

『ありがとう。私、頑張るから』

 

ガラスに映る夫の姿を

懐かしく見ていると、

 

唇が動いた。

 

『早くこっちにおいでよ』

 

と、言ってる・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ