意識してしまったせいで

住宅街

 

たった今の出来事なのだが聞いてほしい。

 

明日、というか今日はビンと缶を出す日。

 

こんな時間まで起きていたので、朝イチで出しに行く作業を残しておきたくなく、寝る前にゴミ捨て場に持って行った。

 

夜も更けてきた時間だけに、住宅街はシーンと静まっている。

 

うちの界隈はその住宅街の端に位置しており、すぐ裏には雑木林とゴルフ場しかなく、普段から夜はかなり不気味に感じる。

 

街灯もあまりない。

 

ゴミ捨て場でタバコに火をつけて一服していると、近くの家で突然、ジャバジャバジャバと水が流れる音がした。

 

ビクっとして見渡すと、隣の家の一室の明かりが消えた。

 

「ああ、トイレか」

 

安心したが、そこで少し怖くなってしまい、意識してしまった…

 

ただ、タバコに火をつけたばかりでもったいないから、ちょっと遠回りになるが吸いながら家に向かって歩いていた。

 

今思えば、おそらくルートを間違えたと思う。

 

無意識に通った道だったが、魔が差したとしか言いようがない。

 

その家の前を通る時、ふと上に、二階の方に目を上げてしまった。

 

すると、明かりはついていないのに窓の近くに誰かがいて、こちらを見ている。

 

たぶん男の子。

 

敵意なのかはわからないが、すごく粘っこい視線。

 

どうしようもなく怖くて、視野の端でチラチラと見る。

 

もし顔をそちらに向けてしまうと絶対に目が合うから。

 

ただ、その家は『空き家』なんだ。

 

近所付き合いがないから詳しくは知らないが、以前そこに住んでいた家族の親が子供を蹴り殺したとかで、去年の夏にどこかへ引っ越している。

 

当時は警察がよく来ていたが、「パトカー邪魔だな」くらいにしか思っていなかった。

 

その場を早く離れようと、前だけを見て歩き始めたところ、向こうの視線がはっきりと強くなった。

 

背中のすぐ後ろにいる。

 

絶対に振り返りたくなくて、走って家に帰り、家中の電気をつけ、嫌がる猫を抱いて布団に入っている。

 

もちろんその子に怨まれるようなことはなく、むしろ「ついに見てしまった」という感じだが、今は心底怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ