嫌な気を放つ若い男性の変貌の瞬間

電車

 

これは、ある年の1月頃のこと。

 

いつもと同じように仕事を終え、そこそこ混んだ電車に乗り込んだ。

 

吊革を握り、ふと目の前の座席に座っている人に視線を向けると、なんだか嫌な気を放っている男性がいた。

 

まだ若い人だったが、全体的に覇気が欠け、目が虚ろの状態。

 

疲れているのかなという印象だったが、表情を見ると、やけに目がつり上がっている。

 

つり目でもここまでの人はあまり見たことない、そう感じるほどに。

 

そして、じろじろ見るのは失礼だと思い、視線を逸らそうとした時だった。

 

私の目の前で、その男性の顔が“狐の顔にすり替わった”のだ。

 

次の瞬間、さらに目がつり上がり、ニヤニヤと薄気味悪い目つきをこちらに向ける。

 

そして両方の口端が目の辺りまで一気に裂け上がり、私の目を凝視してニタリと笑った。

 

私はあまりの気持ち悪さに、声こそは出さないものの、やや後ろへ体が仰け反ってしまった。

 

ただ、その狐の目つきは、男性の目つきそのものだった。

 

電車が次の駅に停車すると、男性は電車から降りていった。

 

降りていく時には、狐の顔から人の顔に戻っていた。

 

あれが『狐憑き』と言われるものかはわからないが、二度と見たくないと思った体験だった。

 

ちなみに、それ以降その男性とは電車内で遭遇していない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ