必死に襖を押さえ続ける3歳の息子

つい先日の夜。

 

僕が部屋で横になっていると、

 

三歳の息子が駆け込んで来て、

出入り口の襖をぴしゃりと閉めた。

 

しかも、

閉めただけではなく、

 

必死にその襖を、

開かないように押さえている。

 

「どうした?」

 

息子「・・・」

 

「何で閉めると?」

 

息子「入って来る」

 

「何が入って来ると?」

 

息子「オバケ」

 

息子は、

 

居間から僕のいる部屋に

入って来たのだが、

 

 

その間にある廊下(玄関に続いている)

から玄関を見た時に、

 

『何か』

 

が見えたらしい。

 

「どんなオバケやった?」

 

息子「男の子やった」

 

「怖かった?」

 

息子「怖かった」

 

「そのオバケ、怒っとったと?」

 

息子「怒ってなかった。けど怖かった」

 

まだ息子は襖を押さえている。

 

息子「オバケ、まだいるかな?」

 

僕に聞いてくる息子。

 

「お父さんが見てみるたい」

 

僕は息子に下がるように言うと、

 

襖を少し開け、頭を出し、

玄関を見た。

 

そして、再び襖を閉めると、

笑顔で言った。

 

「何もおらんよ」

 

息子「本当?」

 

「うん。さ、テレビ見ようか?」

 

そう言って、僕がテレビに

手を伸ばした瞬間、

 

息子はスッと襖を開け、

玄関を覗き込んだ。

 

瞬間、

 

息子「うわぁあああああん!」

 

急いで襖を閉め、

僕に抱きつき泣き出す息子。

 

息子「オバケ、怒ってる!

オバケ、怒ってる!」

 

頭を撫でて、

なだめる僕。

 

「大丈夫、大丈夫」

 

息子「オバケ、怒ってる!

僕のせい?」

 

僕は笑顔で答えた。

 

「違うよ、お前のせいじゃないよ」

 

そう・・・

息子のせいじゃない。

 

きっと、『見えないフリ』をした

僕のせいだ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ