気づけば10センチほど開いている襖

襖

 

以前に住んでいた所での話。

 

子供が産まれてすぐに引っ越した家は、2LDKで日当たりも良く、雰囲気も最高だった。

 

当然、“霊がいる”など考えも及ばず、その類は全く信じていなかった。

 

ある日の日中、和室の寝室の襖が10センチほど開いていることが妙に気になった。

 

ついさっき干していた布団をしまったばかりで、しっかり閉めたはずだったのに。

 

でも勘違いなんて良くあること。

 

子育てにばかり気がいって、つい中途半端にしてしまったんだと気にせずにいた。

 

また忘れた頃に、同じように襖が10センチほど開いていることが何度かあった。

 

だけど気のせいにしていた。

 

霊なんて全く信じていないので、自分が疲れすぎて勘違いが増えたのだと思い、その事に不安を感じた。

 

無意識に毎回10センチほど閉め忘れるなんて変だな・・・と。

 

なので、ある日に再び10センチ開いていたのを見つけた時、声に出して「はい、今閉めた。よし、閉めた」なんて独り言と共に、指差し確認をしてしまった。

 

ちょっと恥ずかしいことをしたな、などと一人で照れながら子供の元へ向かい、抱っこして振り返ったら襖が全開していた

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ