自転車のカゴに乗っていたもの

昔から霊感の強かった叔母は、

 

その日もイヤなものに

出会ったという。

 

前から自転車を

一生懸命に漕いでいる、

 

おばちゃんが目に入った。

 

坂道でもない

平坦な道なのに、

 

そのおばちゃんは

汗をかきながら、

 

苦しそうに自転車を

漕いでいる。

 

はて?

 

そう思った叔母が遠目ながら、

その自転車のカゴを見ると、

 

なんと・・・

 

生首が乗っかっている

ではないか!

 

眼球が無く、

ぽっかり空いた空洞が、

 

そのおばちゃんを

睨んでいた。

 

「あれはとんでもなく悪い霊だ、

あの人に教えてあげなきゃ・・・。

 

でも、まともに相手してくれない

だろうけど・・・」

 

と、叔母はそのおばちゃんに

話し掛けようか迷っていたが、

 

やはりこのままでは良くないと、

伝える決意をした。

 

そして、いよいよ

そのおばちゃんとすれ違う時。

 

「あの・・・」

 

と言い掛けたその瞬間、

おばちゃんがポツリと言った。

 

「・・・知ってますよ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ