死期が迫った老婆の呟き

ナースコール

 

知り合いの看護婦に聞いた話。

 

彼女が勤務していたのは、

個人経営の病院。

 

ターミナルケアの老人が半数を占める

病院だったそうだ。

 

ある夜、

 

彼女の担当している病室から

ナースコールがあった。

 

呼び出ししたのは老婆。

 

痴呆が進み、

ほとんど植物人間状態の患者だった。

 

「どうしたの?おばあちゃん」

 

彼女は耳元で声をかけた。

 

すると、

 

「○○さん、あんたも連れてくよ」

 

その老婆は瞼を微かに開けて、

静かに呟いたそうだ。

 

「何?おばあちゃん?

何て言ったの?」

 

彼女はよく聞き取れず、

もう一度訊ねた。

 

すると、

 

老婆はもう一度呟き、

完全に眼を閉じたそうだ。

 

○○さん?

 

彼女は聞き覚えがあった。

 

老婆の見舞い客の一人に、

その名前の中年女性がいたことを思い出した。

 

彼女の危惧していた通り、

翌日に老婆は亡くなった。

 

それからしばらくして、

 

ナースルームに老婆の息子夫婦が

折り菓子を持って来た。

 

案の定、

息子の奥さんの名前が○○さんだった。

 

彼女は病院を去ろうとする奥さんに、

老婆の最後の言葉を伝えるべきか迷った。

 

それは非常識だし、

縁起でもないことだったので、

 

結局は言えなかったそうだ。

 

一週間ほど過ぎたある日、

彼女は救急当番のシフトに就いていた。

 

深夜にナースルームで待機していると、

コールサインが鳴った。

 

救急車が到着し、

緊急治療室に一人の女性が運ばれて来た。

 

なんと、

あの○○さんだった。

 

彼女は姿を見せない研修医を呼びに、

休憩室へ走ったそうだ。

 

「急患です。急いで下さい」

 

彼女は休憩室の扉に手をかけて、

呼びかけた。

 

そして扉を開けた瞬間、

彼女は失神したそうだ。

 

結局、警備員に起こされて、

彼女は意識を取り戻した。

 

一時間近くも気を失っていたそうだ。

 

その間に、

○○さんは心臓疾患で亡くなった。

 

新人の看護婦と研修医の医療処置が

どうだったのかは分からない。

 

ただ、

彼女は自分のミスだったと感じたそうだ。

 

研修医も待機中に寝入ってしまったと、

彼女にだけ告白した。

 

実は金縛りに遭っていた・・・と。

 

そして、

彼女が見たものは何だったのか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ