病室の前を行ったり来たりするもの

病棟

 

後輩の佐藤君(仮名)が大学時代に体験した話です。

 

当時、佐藤君はバレー部に所属していました。

 

そして、ある大会での競技中に、アキレス腱を断裂するというアクシデントに見舞われたのです。

 

試合途中で退場し、控えの選手に担がれて病院へ連れて行かれました。

 

連れて行かれた先の病院は、その界隈でも「出る」と噂がある病院でした。

 

会場から一番近かったのがその病院だったので、その時はとにかく慌てて連れて行かれたようです。

 

結局、一週間その病院に入院することになりました。

スポンサーリンク

あんた、見たんだね

6人くらいの相部屋で、佐藤君の向かいのベットには、気のいいヤクザ風のおじさんがいたそうです。

 

そのおじさんが早速教えてくれました。

 

「この病院、出るで」

 

詳しい話は聞かなくても、その日の夜から遭遇してしまいました。

 

真夜中に誰かがワゴンを押しながら、病室の前を行ったり来たりするのです。

 

ワゴンには手術器具が乗っているようで、カチャカチャという音とワゴンの車輪のキィーキィーという音が。

 

最初は小さく聞こえるが段々と大きくなり、病室の前を走り去るように通り過ぎて行く。

 

そして、ほどなく今度は逆の方からまた走って通り過ぎるのを、確かに佐藤君は聞きました。

 

なんでも、それは以前にこの病院に勤めていた女性看護師で、ある事情で亡くなったという話でした。

 

もちろん、実際に姿を見た人も何人もいて、そのヤクザ風のおじさんも見たそうです。

 

元々そういう話に興味がない佐藤君は、「怖くない、本当かよ」と自分に言い聞かせながら、それでも夜中に病室の外へ絶対に出ないようにしていました。

 

なぜなら、興味はないが、実際その不自然に行き来する音を一晩に何度も聞いてしまったのだから、あえて出て行かない方が無難です。

 

しかし、そう気にしていると逆に出て行く用事は出来るもので、入院最後の日の夜、消灯が過ぎて23時頃、どうしてもトイレに行きたくなってしまいました。

 

仕方ないと覚悟を決めてトイレに行きました。

 

トイレは病室から結構な距離があり、病室を出て松葉杖をつきながら50メートルほど進みました。

 

もうすぐ着こうかというところで、行こうと思っていたトイレの方向から「カチャカチャ、キィーキィー」と聞こえてくるではないですか。

 

「これはまずい・・・」

 

佐藤君はトイレに行くのを諦め、自分の病室に戻るには距離がありすぎるからと、一番近くの病室に避難しようしました。

 

それでも松葉杖をついている佐藤君には結構な距離。

 

佐藤君は必死で進みました。

 

その間にも、背後からは「カチャカチャ、キーィキーィ」と迫ってくる。

 

なんとか辿り着き、力いっぱいにガラッと扉を開け、病室に入りました。

 

音はどんどん近づいてくる。

 

そして、とうとう音は真後ろに。

 

だが意外にも、何事もなく通り過ぎて行きました。

 

そして、前に聞いた時のようにまた戻ってきては通り過ぎました。

 

でも何かおかしい・・・。

 

あれだけ大きな音を立てて扉を開けたのに、誰も起きてこない。

 

暗闇の中でベッドを覗くと、誰もいない。

 

佐藤君は「もう来ないだろうから早く自分の病室に帰ろう」と立ち上がった時、再びワゴンの音がしたのです。

 

しかし、「いつもと違う・・・」と佐藤君は思いました。

 

ワゴンはまた通り過ぎました。

 

そして、また戻ってきました。

 

戻ってきた時、誰もいない病室の前で音はピタリと止まりました。

 

病室にいた佐藤君もさすがにドキリとしたそうです。

 

しかし、病室の電気は点けているし、実は見回りの看護師かもしれない。

 

「カチャ、ギィィィ・・・」

 

扉が開いて誰かが入ってきました。

 

見回りの看護師なら声をかけてくれるはず・・・。

 

佐藤君の心臓はバクバクと激しくなり、汗もかき始めていました。

 

が、何も起こらない。

 

声もかけられない。

 

電気は点いていて室内は明るいまま。

 

病室の扉に背を向けたまましばらく硬直していた佐藤君は、恐る恐る後ろを振り返った。

 

その時、看護帽を被った女性がワゴンに手をかけて佐藤君を眺めていたそうです。

 

その女性の顔は真っ白で、目は虚ろなのにしっかりと佐藤君を見つめていました。

 

気がつくと佐藤君は病室で倒れていました。

 

病室の電気は点いたままで、窓からは薄明るい朝日が差していました。

 

フラフラと自分の病室に帰ると、時間は朝の5時過ぎ。

 

佐藤君の音に起きたおじさんは、ニヤりと笑って「あんた、見たんだね」と言いました。

 

佐藤君があったことを話すと、そのおじさんも失神したと恥ずかしそうに教えてくれました。

 

こんなドラマみたいな怖い出来事が本当にあるんだなぁ、と僕は思いました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ