棚に置いてあったぬいぐるみが

ぬいぐるみ

 

これは、

友人の家での出来事。

 

昼下がりの休日、

 

俺の友人が応接間で

うたた寝しちゃってた時の話。

 

ふっと、本当にふっと

意識が戻ってきた。

 

いつもの自宅、

いつもの休日の昼下がり。

 

でも何かが違う・・・

そんな気がする。

 

半分だけ開いた目に、

ぬいぐるみが映った。

 

試供品か何かを貰った時に、

一緒に配布されたぬいぐるみ。

 

そのぬいぐるみの手が、

バタバタと動いている。

 

ぬいぐるみが動いてら・・・

これは夢だな・・・

 

もうちょっと寝よう・・・。

 

そのまま静かに眠りに落ちていく。

 

そして目を覚ました。

 

変な夢を見たなぁ・・・

ぬいぐるみが動くなんて。

 

応接間の奥、

 

今まで惰眠を貪っていた

ソファーの正面、

 

そこにある棚に置いてある

ぬいぐるみを眺めた。

 

そして手に取ってみた。

 

やっぱりただの安物の

ぬいぐるみだった。

 

別に何か仕掛けがあるわけでもない。

 

ただのぬいぐるみ。

 

俺はそれを元の棚に戻しつつ、

 

変な夢を見たその晩、

友達に話してやろうと思った。

 

それから数日後の夜、

 

友人数人を迎えて、

妹と母とダベっていた。

 

「そう言えば・・・

この前の休みにさぁ、

 

応接間で寝てたら

変な夢見ちゃったよ」

 

「ああ、言ってたね、

どんな夢なの?」

 

と妹が突っ込む。

 

棚のぬいぐるみが

動いていたことを告げると・・・

 

「あ、私も見たよ?」

 

「え?!いやいや、

それは俺の夢であって・・・」

 

「先週だったかな、

 

夜中にトイレに行きたくなって

何気なく応接間の前を通ったの。

 

そしたら扉の隙間が

開いててさ・・・」

 

固まる俺と友人。

 

「中を覗いてみたの。

 

そしたら、ぬいぐるみの手が

動いてたよ?!」

 

神妙な面持ちで、

話を聞いていた母。

 

そこに口を挟んできた。

 

「あぁ、あたしも見たわね」

 

そんな事があるはずがない!

 

俺が見たのは夢だし、

 

きっと皆がたまたま同じ夢を

見たのに違いない!

 

安物っぽいけど結構可愛いし、

 

動いたらいいなって願望が、

きっとみんなにあったんだ!

 

そこに妹がトドメを刺してくれた・・・

 

「夢じゃないよ。

 

だって私、

 

ぬいぐるみの前に手を出したら

両腕で挟んで来たもん!

 

その後、ちゃんとCDを

ダビングしてから寝たし。

 

だから間違いないよ」

 

・・・言葉が見つからない。

 

ぬいぐるみ云々もそうだけど、

 

そこに手を挟ませてみる、

我が妹ってどうよ?(苦笑)

 

ちょっと途方に暮れる。

 

友達もぽかーんとした顔で

妹を見ている。

 

「きっとあれ、●●ちゃんだよ。

皆に会いに来たんだと思う」

 

俺はハッとした。

 

そう、俺達には生まれてすぐに

亡くなってしまった弟がいた。

 

そう言えば今週が命日だ。

 

母もどうやら同じ風に

思っていたらしい。

 

しかし、

俺は夢だと思っている。

 

でも、そういう偶然が

あるのかも知れない・・・。

 

今週は今は亡き弟に

ケーキでも買って帰ってやろう、

 

と思った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ